ぼーえんびょう

ボーエン病

皮膚にできる悪性腫瘍(がん)の一種。中高年に多い。紫外線や、ウイルス感染、ヒ素中毒が原因となることが知られている

病気に対応する病院を探す
7人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2016.09.30

ボーエン病の基礎知識

ボーエン病について

  • 皮膚にできる悪性腫瘍無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある)の1つ
  • 以下のことが原因で起こる
    • 日光(紫外線)
    • ヒトパピローマウイルス皮膚や粘膜に感染するウイルス。様々ながんや病気の原因となる。性交渉により感染し、子宮頚がんの原因になるものが最も有名HPV皮膚や粘膜に感染するウイルス。様々ながんや病気の原因となる。性交渉により感染し、子宮頚がんの原因になるものが最も有名
    • 多発例では慢性ヒ素中毒が原因のことも
  • ボーエン病が皮膚の深いところ(真皮以下)まで進展している場合は、ボーエン病ではなくボーエン無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあると呼ばれる
  • 進行した場合は、リンパ節転移がんが周りのリンパ節に転移している状態。通常、がんは周りのリンパ節に転移した後、さらに遠くの臓器に転移する(遠隔転移)遠隔転移がんが離れた他の臓器へ転移すること。転移の中でも、リンパ節転移と対比的に使われる用語を起こす

ボーエン病の症状

  • 赤色や茶色のごつごつして少し盛り上がった皮疹皮膚に起こる、何かしらの目に見える変化の総称ができる
  • 胴体に多いが手や陰部など遠心にできる
  • 見た目は湿疹と似ているが、ステロイド副腎で作られるホルモンの1つ。ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症や免疫反応を抑えることができるため、様々な病気の治療で用いられている治療だけで消えないことが特徴

ボーエン病の検査・診断

  • 組織診病気を詳しく調べるために、体や病変の一部を切除して顕微鏡で調べる検査。例えば、腫瘍ががんか否かを調べる時などに行われる:皮膚の組織を切り取り顕微鏡で観察し、がん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるかどうかを調べる

ボーエン病の治療法

  • 治療の基本は手術で取りきること
  • 進行自体はゆっくりであるため、手術で取りづらい部位である場合や年齢や希望によっては手術以外の治療法を行うが、再発には注意が必要
    • 凍結療法
    • ベセルナクリーム外用
    • 放射線療法主にがんに対して用いられる、放射線を用いた治療法
  • ボーエン病自体は早期の有棘細胞癌と考えられており、早期に手術で取り切れれば命に関わることはほとんどないが、進行して転移がん細胞がリンパ液や血流にのって、リンパ節や他の臓器にまで広がること。転移がある場合は進行がんに分類されることが多いがある場合などは命に関わる

ボーエン病の経過と病院探しのポイント

ボーエン病かなと感じている方

ボーエン病は皮膚にできる悪性腫瘍無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるですが、表皮内に留まっているため通常転移がん細胞がリンパ液や血流にのって、リンパ節や他の臓器にまで広がること。転移がある場合は進行がんに分類されることが多いすることはありません。表皮内に留まらず、真皮内にも進展している場合はボーエン無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあると呼ばれます。ボーエン病の部位の皮膚は赤く、形は円形や地図状と様々で、色は赤〜茶色で表面ざざわざらしています。他の皮膚疾患と見分けるのが難しい場合もあります。

ご自身がボーエン病でないかと心配になった時、受診の候補としては皮膚科の病院やクリニックが適しています。病変病気が原因となって体に生じた、あるいは変化が起きた、その特定の部位のことが小さければ全身麻酔局所麻酔に対して、眠って意識が完全になくなってしまう麻酔のこと。寝ている間は呼吸が止まってしまうため人工呼吸器を使用する必要があるでなく局所麻酔で手術で取ることができますし、ボーエン病であれば手術後の化学療法がんの治療の一種で、抗がん剤を使った治療の総称放射線療法主にがんに対して用いられる、放射線を用いた治療法は必要でないため、クリニックでも治療が行えます。また手術後の傷が気になる場合は、形成外科でも手術を行っているところがあります。

ボーエン病に対応する病院・クリニックを探す

ボーエン病でお困りの方

ボーエン病の治療は手術で取りきることが基本となります。手術で取りづらい部位の場合や年齢、希望によっては、凍結療法や外用のクリーム、放射線療法主にがんに対して用いられる、放射線を用いた治療法が用いられることがありますが、再発の危険性があります。

基本的に表皮内に留まっている限りは、通常転移がん細胞がリンパ液や血流にのって、リンパ節や他の臓器にまで広がること。転移がある場合は進行がんに分類されることが多いしません。早期に手術で取りきれば、その後の化学療法がんの治療の一種で、抗がん剤を使った治療の総称や放射線療法は必要ありません。ただし念のため定期的に外来に通って、様子を見ていた方が良いでしょう。

ボーエン病に対応する病院・クリニックを探す

ボーエン病に含まれる病気


ボーエン病のタグ

診療科皮膚科
からだ皮膚

ボーエン病に関わるからだの部位