しきゅうきんしゅ
子宮筋腫
子宮の壁の筋肉の層にできた良性腫瘍。健診などで見つかることが多い
15人の医師がチェック 130回の改訂 最終更新: 2018.09.13

子宮筋腫の原因:食べ物、生活習慣など原因について解説

子宮筋腫は妊娠が可能になった女性に発生することが知られています。子宮筋腫が発生する原因については不明な部分もありますが、いくつかの原因が推測されています。ここでは子宮筋腫の原因になりうるものについて解説します。

1. 子宮筋腫ができやすい年齢は?

子宮筋腫は初潮後の女性に起きる病気です。初潮とは生理(月経)がはじまることです。

子宮筋腫をもつ人は年齢を重ねるとともに増えていきます。子宮筋腫は30歳以上の女性のうち20-30%に発生するとも言われています。さらに顕微鏡でしか見えない小さな筋腫をもつ人を含めると30歳以上の人のうち約75%に筋腫があるともいわれています。

参照:日本産婦誌 2009;5:145-146. Obstet Gynecol.1997;90:967-73

2. 子宮筋腫はなぜできるのか?

子宮筋腫ができる原因は未だ不明ですがいくつかの仮説があります。

子宮内膜と筋層の間には子宮筋幹細胞があります。子宮筋幹細胞はさまざまな細胞に変化することができます。月経の影響で子宮筋幹細胞から筋腫細胞が発生し、それが大きくなるというのが子宮筋腫が発生する一つの説です。

他には、生まれたときから子宮筋腫の芽がすでにありそれが大きくなる説や、子宮の壁をつくっている筋細胞が筋腫細胞に変化するなどの説もあります。今後の研究で子宮筋腫の発生原因が明らかになるかもしれません。

参照:日本生殖内分泌学会雑誌 2010;5:25-27

3. 子宮筋腫と閉経の関係は?

子宮筋腫は閉経後に小さくなります。

子宮筋腫は女性ホルモンの影響を受けて大きくなり、女性ホルモンが少なくなると小さくなることがわかっています。閉経すると女性ホルモンの量が減少するため、子宮筋腫は縮小していきます。

4. 性行為は子宮筋腫の原因になる?

性行為が子宮筋腫の原因になるという科学的根拠はありません。

確かに性交時の痛み(性交痛)は子宮筋腫の症状の1つです。しかし、性交痛はあくまでも子宮筋腫にともなう症状なので子宮筋腫の原因ではありません。子宮筋腫だと診断されてもそれは性交渉が原因ではありません。性行為が原因だという誤った考えがあると恥ずかしい気持ちのために病院に行くのをためらうかもしれません。子宮筋腫は決して性行為が原因ではないので、子宮筋腫が心配なときには速やかに医療機関を受診してください。

5. 中絶は子宮筋腫の原因にになる?

中絶は子宮筋腫の発生と関係がないと考えられています。

中絶の手術の後遺症として知られているのは子宮内が癒着することなどです。子宮内が癒着すると子宮の中のスペースがなくなりその後の妊娠ができなくなることがあります。

参照:Am J Epidemiol.2004;159:113-23

6. 妊娠は子宮筋腫を予防する?

妊娠経験がある人は子宮筋腫の発生が少ないという報告があります。

妊娠と子宮筋腫の関係についてはまだまだ未解明な部分がありますが、多くの研究で一致した結果が出ています。

子宮筋腫が発生するしくみの仮説として、月経によって子宮筋腫が発生するというものがあります。この仮説が正しいとするならば妊娠中には月経が起きないので、子宮筋腫が発生する可能性が減ることの説明として矛盾はしません。今後の研究で妊娠と子宮筋腫の発生についての関係が明らかになるかもしれません。

参照:Epidemiology.1996;7:440-2. Br Med J(Clin Res Ed).1986;294:359-62

7. 初経が早いと子宮筋腫になりやすい?

初経が早いと子宮筋腫になりやすいという報告があります。特に10歳未満で初経がはじまった場合、子宮筋腫が発生しやすいとされています。

初経が早いと子宮筋腫になりやすい理由についてはまだ不明ですが、多くの研究で一致した結果が出ています。

子宮筋腫の発生には月経が関係しているという仮説があります。初経が早いとその分生涯に経験する月経の回数も増えます。仮説が正しいと考えると月経の回数が増えるほど子宮筋腫が発生する可能性も高まることには矛盾がありません。今後の研究で早い初経と子宮筋腫の発生について明らかになるかもしれません。

参照:Am J Epidemiol.2013;178:426-33

8. ピルは子宮筋腫の原因?

ピルが子宮筋腫の発生の原因かは不明です。

13−16歳という比較的若いときにピルを使用していると子宮筋腫の発生が多くなるという報告はあります。しかしピルと子宮筋腫の関係について調べた研究は少ないのではっきりとしたことは不明です。

すでに子宮筋腫がある人がピルを使うとどうなるのでしょうか。ピルを飲んでも必ずしも子宮筋腫は大きくはならないと考えられています。子宮筋腫と診断されている人のなかには、ピルを飲むと筋腫が大きくなるのではと不安を抱く人がいるかもしれません。筋腫の増大に関しては過度な心配はいらないと思います。ただしピルは他の副作用もあるのでお医者さんと相談のうえで上手に服用することが大事です。

参照:Fertil Steril.1998;70:432-9. Br Obstest Gynaecol.199;106:857-860

9. 肥満は子宮筋腫の原因?

肥満があると子宮筋腫ができる可能性が高くなるという報告と、関係がないとする報告があります。

肥満かどうかを判断する指標として、BMIが広く用いられています。BMIは体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められます。BMIの基準値範囲は18.5-24.9です。

肥満と子宮筋腫の関係を調査した研究で、BMIが上がると子宮筋腫の発生が増加するという結果がいくつか得られている一方で、BMIの増加と子宮筋腫の発生には関係性がないとする報告もあります。

肥満が子宮筋腫の強い原因といえるだけの証拠はまだありません。

参照:J Epidemiol.1998;8:176-180. Epidemiology.2005;16:346-54. Epiremiology.2007;18:758-63

10. 飲酒は子宮筋腫の原因?

飲酒は子宮筋腫の発生と関係があるかもしれません。

アルコールのなかでも特にビールが子宮筋腫の発生に関与している可能性を示唆する報告があります。飲酒と子宮筋腫の関係を調べた研究は多くはないので、今後さらに他の研究結果が行われ飲酒と子宮筋腫の発生との関係が明らかになるかもしれません。

参照:Hum Reprod.2004;19:1746-54

11. 喫煙は子宮筋腫の原因?

喫煙と子宮筋腫の関係は不明です。

以前は喫煙は子宮筋腫の発生を抑制するという意見もありました。これは、タバコに含まれる成分がアロマターゼという物質の働きを妨げると考えられていることによります。アロマターゼは子宮筋腫を増大させるエストロゲンというホルモンをつくり出します。つまりタバコによりアロマターゼが阻害され、エストロゲンが減り、子宮筋腫の発生も抑制されるという図式が考えられていました。

しかしその後の調査では、喫煙と子宮筋腫の発生には関係がないという報告もあり、現在は喫煙と子宮筋腫の発生の関係は不明と考えられています。

参照:J Reprod Med.1996;41:316-20. Fertili Steril.1986;46:232-6. Epidemiology.1998;9:511-7. Hum Reprod.2004;19:1746-54

12. カフェインは子宮筋腫の原因?

カフェインは紅茶やコーヒーに含まれる物質で覚醒作用や利尿作用があります。

子宮筋腫の発生とカフェインの関係について調べたところ、子宮筋腫の発生には関係がないという結果を得た研究があります。しかしながらカフェインと子宮筋腫の発生についてはまだ研究が少ないので、その関係性についてはっきりとしたことはわかりません

参照:Hum Reprod.2004;19:1746-54

13. 子宮筋腫の原因になる食べ物は?

赤肉、ハム、アルコール(ビール)などは子宮筋腫の発生の危険性を高めるという報告があります。一方で子宮筋腫の発生を抑制する可能性がある食品としては、野菜や果物が研究から報告されています。

参照:Obstet Gynecolo.1999;94:395-8. Am J Clin Nutr.2011;94:1620-31

14. 食べ物に気をつけていれば子宮筋腫にならない?

子宮筋腫と食事の関係については、今もさまざまな研究が行われています。そのなかで赤肉やハムなどは子宮筋腫を発生させる方向に働くとも報告されています。

食事を考えるうえで大切なのは、日々の栄養バランスを保つことです。食事と関係する病気は子宮筋腫だけではありません。子宮筋腫への影響を気にするあまり栄養バランスに偏りが生じては、食事に気を遣う意味が少ないともいえます。

子宮筋腫のリスクを下げる食事を長年努続けることで子宮筋腫になる確率は下がるかもしれませんが、ゼロにはなりません。どんなに気を付けても子宮筋腫になるときはなります。

このページの情報を実際の食生活に応用しようと思うときは、栄養、子宮筋腫との関係の弱さ、好きなものを食べられる楽しい生活とのバランスを考えて、個人や家族の価値観に基づいて判断してください。