2017.12.19 | ニュース

違法シリコン注入の健康リスクに米機関が注意喚起

保養施設所有者らの判決に続いて
違法シリコン注入の健康リスクに米機関が注意喚起の写真
(c) rcfotostock - Fotolia.com

違法に行われているシリコン注入が深刻な負傷や美容上の害を起こす恐れがあるとして、アメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA)が、消費者と医療従事者に注意を呼びかけました。

マイアミの保養施設所有者に有罪判決

FDAの発表によると、フロリダ州マイアミにあった保養施設「Bella Beauty Spa」で違法な美容目的のシリコン注入が行われていたとして、所有者ら2人が2017年8月と9月にそれぞれ有罪の判決を受けました。

この施設では、違法なシリコン注入をヒアルロン酸などと偽って、安全で体に吸収されるものと説明していました。その結果、違法な注入を受けた利用者は数百人にのぼります。

 

違法なシリコン注入の実態

FDAの説明によれば、注意の対象とされている違法なシリコン注入は、シリコン素材を使った乳房のインプラントなどとは違って、注入された場所からシリコンが移動することによって、血管を塞ぐなどの深刻な害を及ぼす可能性があります。

害は注入直後から数年後まで現れる可能性があり、痛み、傷跡、恒久的に外見が損なわれることなどにつながります。

FDAは、臀部、乳房、その他の部分を大きくするためのシリコン注入が、実際はFDAに承認されていないにもかかわらず偽って行われているとして、その結果「深刻な副作用を引き起こす可能性があり、副作用は恒久的なものとなるかもしれず、死亡に至る可能性さえある」と説明しています。

 

身を守るためにどうすればいいのか?

FDAは体型を変える処置を受けようとする消費者に対して、適切な方法とリスクについて医療従事者と相談することを呼びかけています。

またシリコン注入を受けた可能性がある消費者に対して、以下のような症状を感じた場合にはただちに医療従事者に相談するよう促しています。

  • 息苦しさ
  • 胸の痛み
  • しゃべりにくさ
  • 顔や手足の感覚が鈍くなること
  • 顔や手足を動かしにくくなること
  • 歩きにくさ
  • 激しい頭痛
  • めまい
  • 昏迷

 

違法行為を行う施設に注意

違法に行われているシリコン注入について、アメリカの政府機関による注意喚起を紹介しました。

ほかにも治療と称して不適切な行為を行っていた施設がアメリカで多数指摘されています。

関連記事:ニセ医者10人・1回85万円、「心不全の幹細胞治療」とは

渡航してアメリカの施設を利用しようとする場合はFDAの注意に当てはまる可能性もあります。特に事実と違う説明がなされた場合を消費者が見抜くのは難しいかもしれません。

少なくとも現地ですでに見つかっている事例についてはよく知っておくことが、身を守るためには望ましいでしょう。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

FDA warns about illegal use of injectable silicone for body contouring and associated health risks.

FDA News Release. 2017 Nov 14.

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm584517.htm

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事