2016.02.17 | ニュース

閉経が近づくと頭痛がよく起こる

女性3,664人のデータから
from Headache
閉経が近づくと頭痛がよく起こるの写真
(C) Laurent Hamels - Fotolia.com

閉経の平均年齢はおよそ50歳です。閉経前後の更年期障害の症状に加えて片頭痛に悩まされる女性は多くいます。片頭痛を訴える女性は多いですが、頭痛の頻度は閉経によって変化するのでしょうか?アメリカの研究チームが報告しました。

◆35歳から65歳の女性3,664人を対象に分析

2006年にアメリカで実施された頭痛に関する調査から、35歳から65歳の女性3,664人(平均46歳)を対象にし、頭痛と月経についてのデータを分析しました。その際、月経を経験したことがない女性・妊娠している女性・母乳で子どもを育てている女性・ホルモン治療などをしている女性は、分析の対象から除きました。

頭痛の起こる頻度は、1ヶ月に10日以上頭痛が起こるかどうかで区別しました。

 

◆閉経前後の女性は、頭痛を繰り返しやすかった

分析の結果、以下のことが分かりました。

高頻度の頭痛は、1.42のオッズ比で閉経期前後の女性でのみ増加した(95%信頼区間:1.03-1.94)(モデル2)。

この分析から、閉経期前後の女性では、頭痛を繰り返す人が増えることが示唆されました。


この研究では、閉経期前後の女性が頭痛を起こしやすくなる原因については報告していません。閉経によって女性ホルモンのバランスが崩れると頭痛が起こりやすくなりますが、脳など他の病気の症状としても頭痛は起こります。頭痛の頻度が増えたときには、医師に相談してみて下さい。

執筆者

鈴木あいか

参考文献

Perimenopause and Menopause Are Associated With High Frequency Headache in Women With Migraine:Results of the American Migraine Prevalence and Prevention Study.

Headache. 2016 Jan 21. [Epub ahead of print]

[PMID: 26797693]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事