2015.10.18 | ニュース

瞑想で仕事のストレスを軽減、8週間のレッスンの結果は?

台湾144人のランダム化試験
from PloS one
瞑想で仕事のストレスを軽減、8週間のレッスンの結果は?の写真
(C) auremar - Fotolia.com

瞑想を取り込んだ、マインドフルネス治療と呼ばれる方法が、心理療法として使われることがあります。台湾の研究班から、マインドフルネス治療によって労働者のメンタルの問題を減らす研究の結果が報告されました。

◆メンタルヘルスの問題がある工場労働者が対象

この研究は、台湾の工場労働者で、質問票の調査により、うつや不眠の症状に関係すると見られる、精神的苦痛などが見られた人を選んで対象としました。

144人の対象者はランダムに、マインドフルネス治療を受けるグループ(介入群)と受けないグループ(対照群)に分けられました。介入群では、専門家の指導によるマインドフルネス治療が8週間にわたって行われ、治療前、治療中、治療後の状態を対照群と比較されました。

 

◆苦痛、疲れ、ストレスが改善

次の結果が得られました。

対照群と比べて介入群で、マインドフルネス介入が完了したとき、切片(介入終了時点)は精神医学的苦痛、持続する疲れ、ストレスの感覚についてより小さかった。

マインドフルネス治療を受けたグループで、治療後の精神的苦痛、持続する疲れ、ストレスの感覚に改善が見られました

 

労働者の健康のために、マインドフルネス治療の役割が今後も探られていくかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

The Potential for Mindfulness-Based Intervention in Workplace Mental Health Promotion: Results of a Randomized Controlled Trial.

PLoS One. 2015 Sep 14

[PMID: 26367270]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事