サイトメガロウイルス治療薬 - 解説(効能効果・副作用・薬理作用など) | MEDLEY(メドレー)
サイトメガロウイルス治療薬
ウイルスの増殖に必要なDNA複製を阻害し、サイトメガロウイルス感染症を治療する薬

サイトメガロウイルス治療薬の解説

サイトメガロウイルス治療薬の効果と作用機序

  • ウイルスの増殖に必要なDNA複製を阻害し、サイトメガロウイルス感染症を治療する薬
    • サイトメガロウイルスヘルペスウイルスの一種で特に免疫が弱っている状態で感染すると肺炎網膜炎などを引き起こす場合がある
    • ウイルスの増殖には遺伝情報をもつDNAの複製が必要となる
    • 本剤はDNA複製に必要な酵素(DNAポリメラーゼ)を阻害し抗ウイルス作用をあらわす
  • 腎機能の状態などによって薬剤の投与量を変更する場合がある

サイトメガロウイルス治療薬の薬理作用

サイトメガロウイルス感染症はヘルペスウイルスの一種であるサイトメガロウイルス(CMV)の感染により肺炎(サイトメガロウイルス肺炎)、網膜炎(サイトメガロウイルス網膜炎)、胃腸炎、脳炎などが引き起こされる。

ウイルスの増殖には細胞分裂が必要でそのためには遺伝情報が刻まれているDNAを複製する必要がある。DNAの複製にはDNAポリメラーゼという酵素が必要となる。

本剤はサイトメガロウイルスのDNAの複製に必要な酵素の働きを阻害することでウイルスの増殖を抑え、抗ウイルス作用をあらわす。また本剤は腎機能の状態などによって薬剤の投与量を変更する場合がある。

サイトメガロウイルス治療薬の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢、吐き気、胃腸障害などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまい、不安などがあらわれる場合がある
  • 血液症状
    • 白血球減少、血小板減少などがあらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 腎機能障害
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、むくみ、体がだるいなどがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

サイトメガロウイルス治療薬の一般的な商品とその特徴

デノシン

  • ガンシクロビルの注射剤

バリキサ

  • バルガンシクロビルの内服薬
    • 体内に入った後、主に腸管壁及び肝臓でガンシクロビル(デノシンの成分)に変換(代謝)され作用をあらわす

ホスカビル

  • ホスカルネットの注射剤
    • 体内で直接ウイルスのDNAポリメラーゼを阻害する(細胞内での代謝を必要とせずに作用をあらわす)