オピオイド鎮痛薬(非麻薬性製剤)
鎮痛作用などに関与するオピオイド受容体に作用することで強い鎮痛作用をあらわす薬

オピオイド鎮痛薬(非麻薬性製剤)の解説

オピオイド鎮痛薬(非麻薬性製剤)の効果と作用機序

  • 鎮痛作用などに関与するオピオイド受容体に作用することで強い鎮痛作用をあらわす薬
    • 中枢神経や末梢神経にあるオピオイド受容体は鎮痛作用など多くの作用に関わる
    • 本剤はオピオイド受容体に作用することにより鎮痛作用などをあらわす
  • 本剤の成分として、トラマドール、ペンタゾシン、ブプレノルフィンなどがある
  • 本剤の中には麻酔補助などに使用する製剤もある

オピオイド鎮痛薬(非麻薬性製剤)の薬理作用

オピオイド鎮痛薬とは中枢神経や末梢神経にあるオピオイド受容体への作用により鎮痛作用をあらわす薬剤で、オピオイド受容体にはμ(ミュー)、δ(デルタ)、κ(カッパ)という種類がある。(μのオピオイド受容体が鎮痛作用に最も関与するとされる)

本剤はオピオイド受容体に作用することにより鎮痛作用をあらわす(医療用麻薬としての取り扱いを受けない)薬剤となる。本剤にはトラマドール、ペンタゾシン、ブプレノルフィンなどが含まれ、同じ成分を含んでいても剤形や使用方法などが異なる場合がある(本剤の鎮痛、鎮静作用などにより麻酔補助として使用する製剤などもある)。

また本剤の副作用はモルヒネなどのオピオイド鎮痛薬と類似しており吐き気・嘔吐、便秘、眠気などであるが、薬剤によってはモルヒネなどに比べるとこれらの副作用が比較的軽度なものもある。

オピオイド鎮痛薬(非麻薬性製剤)の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、食欲不振、便秘などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、頭痛などがあらわれる場合がある
  • 呼吸抑制
    • 非常に稀だが、呼吸異常などがあらわれる場合がある

オピオイド鎮痛薬(非麻薬性製剤)の一般的な商品とその特徴

トラマール

  • トラマドール製剤
    • トラマドールはコデイン類似の合成化合物
    • 一般的に、便秘、吐き気などの発生頻度は低いとされる
  • 剤形にOD錠(口腔内崩壊錠)、注射剤もあり用途や嚥下能力などに合わせた選択が可能

ワントラム

  • トラマドールの徐放性製剤
    • 通常、1日1回服用する
    • トラマドールの即放性製剤(トラマール など)に比べ、服用回数が少なくて済むなどのメリットが考えられる

トラムセット配合錠

  • トラマドールとアセトアミノフェンの配合製剤
  • 1錠中の成分量
    • トラマドール塩酸塩:37.5mg含有
    • アセトアミノフェン:325mg含有

ノルスパン

  • ブプレノルフィンの外用貼付剤(テープ剤)
    • 通常、7日毎に貼り替えて使用する(前胸部、上背部、上腕外部又は側胸部に貼付)

レペタン

  • ブプレノルフィン製剤
  • 剤形に坐剤と注射剤があり、用途などに合わせて選択される

ソセゴン、ペルタゾン

  • ペンタゾシン製剤
  • ソセゴンには注射剤もあり用途などによって選択が可能
    • 注射剤は麻酔補助などに使用する場合もある