とっぱつせいほっしん(しょうにばらしん)
突発性発疹(小児バラ疹)
多くの小児が一度は経験する、発熱と発疹を伴う感染症
13人の医師がチェック 57回の改訂 最終更新: 2018.02.12

Beta 突発性発疹(小児バラ疹)についての医師コメント

突発性発疹は赤ちゃんが初めての熱として罹患する事が多い病気です。発熱時に口腔内に永山斑と言われる所見がでる事もありますが、みつけるのが難しく、解熱後に湿疹がでて診断できる事がほとんどです。初めてのお熱なので心配するお母さんが多いですが、基本的に熱はあるが元気な事が多く、数日で解熱します。
ただ、熱性痙攣を起こす事がまれにあるので注意をしてください。


匿名協力医師
病気や薬の豆知識
2015.11.12