じゃくらんはん(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

いわゆるそばかすのこと。皮膚の色素をつくるメラニン細胞が大型化することが原因

病気に対応する病院を探す
6人の医師がチェック 25回の改訂 最終更新: 2016.10.12

雀卵斑(そばかす)の基礎知識

雀卵斑(そばかす)について

  • いわゆるそばかすのこと
    • 皮膚の色素をつくるメラニン細胞が過剰活動することが原因
    • 紫外線の影響や遺伝の影響が考えられている
  • 色黒の人より色白の人に多い

雀卵斑(そばかす)の症状

  • 主な症状
    • 小色素斑(5mmほどの色素の濃い斑点)
    • 眼瞼まぶたのこと。眼球の上下にある皮膚の部分を指し、それぞれを上眼瞼、下眼瞼と呼ぶ、頬や鼻などによくみられる

雀卵斑(そばかす)の検査・診断

  • 特別な検査は行わなくても、経過と症状から診断することができる

雀卵斑(そばかす)の治療法

  • 確立された治療法はない
  • 以下のような治療を患者希望があれば検討する
    • ビタミン生物が生きていく上で必要な栄養素の一種。炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物のことCやビタミンEの飲み薬
    • レーザー治療、IPL治療
    • ケミカルピーリング(皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がす)
    • 紫外線をなるべく避けることで予防する

雀卵斑(そばかす)のタグ


雀卵斑(そばかす)に関わるからだの部位