ういるすせいずいまくえん
ウイルス性髄膜炎
ウイルス感染が脳と脊髄を包む髄膜という膜に広がり炎症を起こす病気
11人の医師がチェック 123回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta ウイルス性髄膜炎のQ&A

    ウイルス性髄膜炎の原因、メカニズムについて教えて下さい。

    髄膜炎の中でもウイルス感染が原因となっておこるものです。ウイルス以外の多くの病原体でもウイルス性髄膜炎に似た経過をたどるため、重症となることが多い細菌性髄膜炎と対比して無菌性髄膜炎と呼ばれることもあります。

    ウイルス性髄膜炎は、どのくらいの頻度で起こる病気ですか?

    細菌性髄膜炎よりもかなり頻度は高いです。毎年夏にはやります。

     

    ウイルス性髄膜炎と細菌性髄膜炎の違いについて教えて下さい。

    同じ髄膜炎ですが、原因となるのがウイルス感染か細菌感染かという点で異なります。一般的にはウイルス性髄膜炎よりも細菌性髄膜炎の方が重症になることが多いです。ウイルス性髄膜炎であることが明らかな場合以外は、細菌性髄膜炎が否定されるまで抗生物質を投与することがあります。

    ウイルス性髄膜炎を引き起こすウイルスにはどのようなものがありますか?

    ウイルス性髄膜炎は特別な薬を使わなくても勝手に治ることが多く、原因ウイルスが何であったか、特定されるわけではありません。原因ウイルスが何か調べた研究では、エンテロウイルスと呼ばれるウイルスがほとんどであったとのことです。その他のウイルスとしてはムンプスウイルス、単純へルペスウイルス、ヒトヘルペスウイルス6型、水痘・帯状疱疹ウイルスなどが挙げられます。

    ウイルス性髄膜炎は他人にうつる病気ですか?

    エンテロウイルスを例に取ると、糞口感染や飛沫感染が起きると言われています。ただし、エンテロウイルスに感染すると必ずウイルス性髄膜炎を発症するわけではなく、無症状のままの人がほとんどです。

    ウイルス性髄膜炎は、どんな症状で発症するのですか?

    通常の髄膜炎と同様、発熱と頭痛、悪心・嘔吐で発症し、最初の症状は風邪と区別することは難しいかもしれません。エンテロウイルスであれば腹痛や下痢を伴うこともあります。

    ウイルス性髄膜炎の、その他の症状について教えて下さい。

    原因となるウイルスにより異なりますが、皮疹が出来たり、結膜炎がみられたり、重症例では心臓に影響(心筋炎や心膜炎など)することがあります。症状から原因となるウイルスを推測できることがあります。

    ウイルス性髄膜炎は、どのように診断するのですか?

    細菌性髄膜炎と同様、腰椎穿刺による髄液検査が診断の上で非常に重要となります。細胞数が上昇していれば髄膜炎を疑います。また、髄液検査の結果によって髄膜炎の原因をおおよそ推定することが出来ます。ウイルス性髄膜炎ではタンパクが高くなり、糖は正常から軽度低下の範囲にとどまります。細菌性髄膜炎では典型的には糖が異常低値を示します。髄液中の細胞の上昇についても、細菌性髄膜炎とウイルス性髄膜炎では認められる細胞の種類が異なります。

    ウイルス性髄膜炎の、その他の検査について教えて下さい。

    髄液の培養検査を行い、菌が検出されないことを確認します。

    原因となるウイルスを調べるために、血液や髄液のウイルス抗体価を調べたりPCR検査をしたりすることがあります。

    ウイルス性髄膜炎と診断が紛らわしい病気はありますか?

    必ず考えなければならないのは細菌性髄膜炎です。細菌性髄膜炎は初期治療が遅れると命に関わることがあるからです。特に風邪薬として抗生物質の飲み薬が既に出されている場合は、部分的に治療されてしまっていて症状や検査所見が軽く見えることがあるので注意が必要です。なお、細菌性髄膜炎の治療に必要な抗生物質は、風邪の飲み薬として出る抗生物質では全然足りないことを知っておいて下さい。

    ウイルス性髄膜炎の治療法について教えて下さい。

    脱水予防のための点滴を行うとともに、細菌性髄膜炎でないとよほどの確証がない限りは抗生物質も点滴で投与することになります。抗ウイルス薬として使えるものは限られているのですが、単純ヘルペスウイルスであればアシクロビルという薬を使います。エンテロウイルスには抗ウイルス薬は存在しません。

    ウイルス性髄膜炎では入院が必要ですか?通院はどの程度必要ですか?

    やはり細菌性髄膜炎の可能性が否定できませんので、入院したほうが良いです。細菌性髄膜炎が否定され、ウイルス性髄膜炎の診断がつき、症状も良くなってくるようであれば、1-2週間程度の入院で済むと思われます。

    ウイルス性髄膜炎は再発しますか?

    再発を繰り返す髄膜炎は存在し、代表的なものにモラレ髄膜炎があります。数日から数年の間隔で繰り返しますが、基本的には短期間でよくなります。単純ヘルペスウイルス2型が原因とされます。

    ウイルス性髄膜炎は、完治する病気ですか?あるいは、治っても後遺症の残る病気ですか?

    基本的には、後遺症を残さずに完治することが多いです。気をつけなければならないのは乳児の場合で、精神発達遅滞などの後遺症が見られることがあります。また、ムンプスウイルスの場合は聴力障害がみられることがあるので注意深く経過を見ます。