はんげつばんそんしょう
半月板損傷
半月板(膝関節内にありクッションの役割がある)が損傷した状態
4人の医師がチェック 110回の改訂 最終更新: 2022.04.26

半月板損傷

半月板とは膝関節にある三日月状の構造物のことです。膝関節の安定させたり、歩行時にクッションの役割を果たしています。半月板損傷は半月板が傷ついた状態で、膝に過度な力が加わったときに起こります。このページでは半月板損傷の概要として、症状や原因、検査、治療などを網羅的に説明します。

半月板損傷とはどんなものなのか?

半月板とは膝関節にある三日月状の構造物のことです。膝関節を安定させて、歩行時にクッションの役割を果たしています。半月板損傷は半月板が傷ついた状態で、膝に過度な力が加わったときに起こります。このページでは半月板損傷の概要として、症状や原因、検査、治療などを網羅的に説明します。

半月板損傷の症状について:痛み・腫れの程度やロッキングなど

半月板を損傷すると膝の動作に支障が現れます。また、痛みや腫れといった症状も現れます。このページでは半月板損傷の症状を軽いものと重いものに分けて説明していきます。

半月板損傷の検査について:マクマレーテストやMRI検査など

「膝の痛み」「動かしにくさ」といった症状から半月板損傷が疑われる人には診察や検査が行われます。診察や検査からは半月板損傷の有無や程度がわかり、治療法を選ぶ際の参考になったり全治の推測に役立ちます。このページでは診察や検査の中身について詳しく説明していきます。

半月板損傷の治療について:手術のメリット・デメリットや保存療法、リハビリテーションのやり方について

「半月板損傷」という言葉はスポーツ選手の怪我のニュースとして耳にすることが多いかもしれません。そして、手術のニュースもセットで報道されることが多いように思います。そのため、半月板損傷の治療では手術のイメージが強いかもしれませんが、実は手術をしないケースもあります。このページでは手術について深堀りするだけでなく他の治療についても触れていきます。

半月板損傷で知っておくとよいこと:全治(軽度・重度)・リハビリテーションの期間や、サポーター・テーピングの効果、ストレッチ・筋トレ、放置した場合、など

半月板を損傷した場合、「どのくらいで回復するのか」ということは気になることかもしれません。また、完治後にどのようなセルフケアが必要かということも知っておくべき内容です。このページでは半月板損傷に関して知っておくと良いことを中心に説明していきます。