はんげつばんそんしょう
半月板損傷
膝にある関節のクッション(半月板)が損傷した状態
4人の医師がチェック 82回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 半月板損傷のQ&A

    半月板損傷の原因、メカニズムについて教えて下さい。

    半月板は、膝にある軟骨様の板のことで、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間にあります。関節を安定させたり、クッションの役割を持っています。半月板損傷の主な原因は2つあり、スポーツなどのケガによって生じる場合と、加齢により少しの外力で傷つく場合とがあります。足に体重が加わった状態で、膝をひねった際に受傷しやすいです。

    半月板損傷が発症しやすくなる、または半月板損傷の人が他に注意すべき病気はありますか?

    激しいスポーツをする人はなりやすいとされています。特にバスケットボール、バレーボール、器械体操、サッカー、テニス、野球、スキーなどのスポーツで発生頻度が高いとされています。また、半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上の人では、少しの力で損傷しやすくなります。

    半月板損傷は、どんな症状で発症するのですか?

    半月板損傷は、膝の痛みとともに、膝を曲げ伸ばしした際に膝の引っかかりを認めます。ひどい場合には、膝の曲げ伸ばしができなくなり、歩くのが難しいほど痛みが出ます。膝に水や血が溜まる場合もあります。

    半月板損傷は、どのように診断するのですか?

    診察で、症状の経過や膝の動きをみる検査を行います。診察で半月板損傷が疑われれば、MRI検査を行います。X線(レントゲン)写真には、半月板は写りません。MRI検査は、痛みなく行える検査で、半月板損傷の診断に有効といわれています。

    半月板損傷と診断が紛らわしい病気はありますか?

    半月板損傷に合併して前十字靭帯や後十字靭帯(膝の靭帯)が損傷している場合もあります。これらの損傷は、MRI検査を行うことで診断することができます。

    半月板損傷の治療法について教えて下さい。

    主な治療法は、保存療法と手術療法の2種類あります。保存療法は、膝を固定したり、抗炎症剤を使ったりしながら、症状が改善するのを待ちます。痛みが改善しない場合には、手術を行います。手術の方法は、主に2種類あり、損傷した部分を切り取る切除術と、損傷した部分を縫い合わせる縫合術とがあります。一般的には、関節鏡を使った内視鏡手術を行います。内視鏡手術は、膝を大きく切り開くことなく手術ができるため、手術のリスクを軽減でき、手術後早い回復が期待できます。

    半月板損傷では入院が必要ですか?通院はどの程度必要ですか?

    手術をする場合は、入院が必要です。内視鏡手術の場合、術後3-4日で退院できることが多いです。多くの場合、すぐには足をつけないので、松葉杖で退院し、外来で通院しながらリハビリを進めていきます。経過が良ければ、1-2週間程で松葉杖が取れ、日常生活を送れるようになります。

    半月板損傷に関して、日常生活で気をつけるべき点について教えて下さい。

    スポーツが原因となる場合、怪我をした時と同じ動作を続けると、再び半月板を損傷する可能性があります。ジャンプや着地する時、走っていて急に止まる時などには、膝をひねらないよう、普段の姿勢から改善していく必要があります。

    半月板損傷は、完治する病気ですか?あるいは、治っても後遺症の残る病気ですか?

    手術によって、損傷した半月板は修復できます。患者さんによっては、膝の曲げ伸ばしが制限されたり、足の筋力が落ちたりするため、主治医と相談しながらリハビリを行う必要があります。

    半月板損傷後は、スポーツへの復帰はできるようになりますか?

    復帰することは可能です。スポーツや競技にもよりますが、部分的な復帰は3ヶ月程度、完全復帰は6ヶ月を目標にリハビリを行います。早くから動かせば、競技に復帰できるというものでもないので、主治医と相談し、あせらず段階的に進めていきましょう。