にゅうとうふたいしょう
乳糖不耐症
乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が不足することで、乳糖を十分に消化や吸収することができず、下痢などの症状が出る病気
6人の医師がチェック 103回の改訂 最終更新: 2018.08.24

乳糖不耐症の詳細情報

乳糖不耐症

乳糖不耐症は、乳製品を食べたあとなどに腹痛や下痢の症状が現れる病気です。乳児では母乳やミルクで症状が出て治療が必要となることもあります。乳糖不耐症を持つ大人も大勢います。乳糖不耐症の原因や治療などを説明します。