こつにくしゅ

骨肉腫

骨にできる悪性腫瘍。10代で発症することが多い

病気に関連する診療科の病院を探す
8人の医師がチェック 69回の改訂 最終更新: 2017.06.15

骨肉腫の基礎知識

骨肉腫について

  • 骨にできる悪性腫瘍無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある
    • 遺伝子の異常が関わっていると言われている
    • 骨にできる悪性腫瘍の中では最も多い
  • 日本では年間約500人が発症症状や病気が発生する、または発生し始めること
    • 10歳代で発症することが多い(次いで20代が多い)
  • 膝や肩に近い部位にできることが多い
    • 75%が太ももの骨とすねに発症する
  • 肺に転移がん細胞がリンパ液や血流にのって、リンパ節や他の臓器にまで広がること。転移がある場合は進行がんに分類されることが多いすることが多い

骨肉腫の症状

  • 痛みが続く
  • 腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類される部位の腫れ
  • がん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるが進行すると骨がもろくなり、骨折に至る
  • 発症症状や病気が発生する、または発生し始めることしてしばらく症状が見られないことも多い
  • 若年期に発症することが多いので、スポーツによる筋肉痛や打撲打ち身のこと程度にしか考えられず、発見が遅れる場合がある

骨肉腫の検査・診断

  • 画像検査:骨の炎症体の免疫が防御反応を起こしている状態。原因は、感染、けが、免疫の異常(アレルギーなど)と様々。免疫が強く反応することで、熱、腫れ、痛みなどが出るがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある転移がん細胞がリンパ液や血流にのって、リンパ節や他の臓器にまで広がること。転移がある場合は進行がんに分類されることが多い、治療の効果などを調べる
    • レントゲンX線(放射線)を使って、体の中の状態を簡易的に調べる画像検査
    • CTX線(放射線)を用いて、体の内部を画像化して調べる検査
    • MRI磁力(電磁波)を用いて、脳や内臓、筋肉、骨などの組織を詳しく調べる検査
    • 骨シンチグラフィ骨に集まりやすい性質を持った放射性物質を注射して、がんの骨転移などの異常を探す検査
  • 組織診病気を詳しく調べるために、体や病変の一部を切除して顕微鏡で調べる検査。例えば、腫瘍ががんか否かを調べる時などに行われる:組織を採取し、がん細胞があるか調べる
  • 血液検査:特徴的な値を示すことがある

骨肉腫の治療法

  • 主な治療
    • 手術:できるだけ腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるができた足を残すことを考えるが、切断することもある
      ・患肢温存術:人工関節手術、移植手術
      ・切断術
    • 放射線療法主にがんに対して用いられる、放射線を用いた治療法:術前に腫瘍を小さくしたりするために行うことがある
    • 化学療法がんの治療の一種で、抗がん剤を使った治療の総称

骨肉腫が含まれる病気


骨肉腫のタグ

診療科整形外科
からだ骨・関節

骨肉腫に関わるからだの部位

トップ