かぞくせいあみろいどぽりにゅーろぱちー
アミロイドニューロパチー(家族性アミロイドポリニューロパチー)
手足の神経(末梢神経)や自律神経にアミロイド(異常なタンパク質)が沈着する病気
7人の医師がチェック 156回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta アミロイドニューロパチー(家族性アミロイドポリニューロパチー)についての医師コメント

家族性アミロイドポリニューロパチーは今まで稀な疾患だと考えられてきましたが。実際は家族歴がなくても孤発性に高齢者になって発症する病型があることがわかり、症例数は増えてきています。遺伝性のポリニューロパチーとしては、シャルコー・マリー・トゥース病と並んで代表的な疾患になっています。この疾患に対する治療としてはこれまでは発症早期の肝移植しかありませんでしたが、最近になりこの病気に効く薬が発売されました。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.19

MEDLEYニュース新着記事