のうせいまひ
脳性麻痺
受精から生後4週間までに起きる何らかの脳の障害により、主に運動神経が麻痺(運動麻痺)する病気
13人の医師がチェック 121回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 脳性麻痺についての医師コメント

脳性麻痺に関して根治させる方法はありませんが、痙性まひに対してはフェノバルビタール、リボトリールや筋弛緩薬の内服は緊張の緩和に効果があります。また専門の施設でないと難しいですが、強直している筋肉を延長させる手術、脊髄腔に持続的にバクロフェンを投与する方法、大脳基底核に深部刺激装置を入れる方法を行う方法があります。施設が限られるため、有効にも関わらず行っている患者さんが少ないのも事実です。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.03.05

リハビリテーションが主な治療になります。○○法と言ってまことしやかに著効すると、効果の不確かなリハビリ方法が一部で言われる事がありますが、一足飛びに改善する方法はありません。あればそれだけに皆が飛びつくはずです。
実際は本人の能力に合わせ、一歩一歩リハビリの道を踏みしめて前に進みましょう。少しでも出来る事が増える事が患者さんにも家族にも大きな喜びです。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.05