あれるぎーせいしはんびょう(へのっほしぇーんらいんしはんびょう)
IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)
アレルギー反応により全身の毛細血管に炎症が起こり、全身にむくみが起きたり、内出血が起こる病気。多くの場合は、自然に治る。
18人の医師がチェック 216回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)についての医師コメント

だいたい発症半年程度は腎症を発症するリスクがあると言われています。半年ほどフォローし問題なければ終了とする事が多いです。


匿名協力医師
病気や薬の豆知識
2015.11.25

腎炎になった場合も必ず治療を行うわけではありません。2-3ヶ月くらい尿蛋白の量をフォローして、しっかり治療する必要があるかどうかを検討します。しっかりした治療が必要と考えられた場合は腎生検をして、その結果を受けて治療方針が決まります。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.20


MEDLEYニュース新着記事