はなみず
鼻水

鼻水の基礎知識

概要

鼻水の原因は風邪花粉症アレルギー性鼻炎副鼻腔炎などです。鼻水を抑えるためにヒスタミンが使われますが、副作用の眠気が強く出る人もいます。漢方薬だと眠気は出ません。

アレルギー性鼻炎では脱感作療法、レーザー治療などいくつかの根本的な治療法がありますので、耳鼻咽喉科に行くと相談できます。またのような鼻水の場合や鼻水が長引く場合は副鼻腔炎の可能性もあり、こちらも耳鼻咽喉科で調べてもらうことができます。

原因とメカニズム

鼻は呼吸するときの空気の通り道ですが、ウイルス細菌、ほこりを鼻毛と鼻水に吸着させ、体内に入ることを防ぎます。

風邪アレルギー性鼻炎では、鼻腺(びせん)から普段よりも大量の粘液の鼻水が分泌され、また鼻に炎症が起こるため毛細血管から滲出液がにじみ出てきます。この2つのメカニズムによって鼻水が出てくるのですが、これはウイルスや細菌、ほこりが体の中に入るのを防ぎ、体外に排出するための働きなのです。

花粉症アレルギー性鼻炎では、これらの働きが過剰になってしまった状態です。

症状から考えられる病気

水のようにさらさらした鼻水

風邪アレルギー性鼻炎が考えられます。風邪では発熱や喉の痛み、咳などの症状があります。アレルギー性鼻炎ではくしゃみや鼻づまりが起きます。

黄色や緑色のどろどろした鼻水

副鼻腔炎の可能性があり、治療した方がいいです。

透明だが粘り気のある鼻水

慢性鼻炎慢性副鼻腔炎が考えられます。

怖い病気

怖い病気が隠れていることは少ないですが、副鼻腔炎アレルギー性鼻炎花粉症)は、医療機関を受診して治療したほうが望ましいです。

受診の目安

・鼻水が黄色や緑色でどろどろしている
・2週間以上鼻水がつづく

診療科

内科・小児科

耳鼻咽喉科とどちらに行くか迷われると思いますが、発熱やだるさなど、鼻水以外の症状が強ければ、内科や小児科で治療を受けることができます。

耳鼻咽喉科

鼻水、鼻づまりの症状が強ければ、耳鼻咽喉科が適しています。黄色や緑色のどろどろした鼻水の場合は副鼻腔炎の可能性があり、耳鼻咽喉科の方が良いです。

検査

鼻鏡

鼻の中を見られます。

アレルギー検査

アレルギー性鼻炎の原因は、ダニやハウスダスト、花粉など人によって違います。その原因を明らかにすることができ、対策がしやすくなります。

治療

原因に応じて治療をします。風邪であれば、自然に治ることがほとんどです。副鼻腔炎は抗生剤の治療をしなければ、なかなか治りません。アレルギー性鼻炎は、原因を明らかにして避けることが大切です。

鼻水の症状がアレルギー薬の点鼻・点眼・飲み薬や漢方薬が使われます。

セルフケア

アレルギー源(ダニ、ハウスダスト、花粉、動物など)を避けることが大切です。