げり
下痢

下痢の基礎知識

概要

一時的な下痢は急性胃腸炎、たびたび繰り返す体質的な下痢は過敏性腸症候群が多いです。

ウイルス細菌が原因の場合には、下痢は病原菌を体の外に出そうという正常なはたらきなので、下痢止めによって病状が長引いてしまうこともあります。

自宅でできる対応としては、お腹の善玉菌を増やす整腸剤や乳酸菌食品が有効です。

原因とメカニズム

食べたものが腸に届くとき、飲んだ水と消化液という大量の水分が含まれています。小腸、大腸で水分がほとんど吸収され、普通の便となります。しかし小腸、大腸で水分が吸収されないと、下痢になってしまいます。

腸で水分が吸収されなくなる原因として、炎症(胃腸炎、食中毒クローン病潰瘍性大腸炎)、薬(抗菌薬や下剤)、乳糖不耐症、手術で腸を切除したこと、甲状腺機能亢進症などがあります。

またはっきりと腸に異常があるわけではないけれども、下痢などの症状が度々起こる過敏性腸症候群も多いです。

症状から考えられる病気

お腹が痛い

胃腸炎、食中毒が考えられます。

下痢や血便が数週間以上続いている

クローン病潰瘍性大腸炎大腸がんなどが考えられます。

下痢をすることが多い

過敏性腸症候群の可能性があります。

冬に多い下痢

年齢に関係なくかかるのが、ノロウイルスです。牡蠣を食べて感染することが多く、周りの人への感染力がとても強いです。子どもで白い下痢をしている場合は、ロタウイルスが考えられます。

怖い病気

クローン病、潰瘍性大腸炎

腹痛、下痢、血便、体のだるさ、体重減少などの症状が数週間以上続いている場合、クローン病潰瘍性大腸炎も考えられます。10〜30代の若い人がかかることが多いです。最近は薬の種類も増えてきたので、治療による改善も期待できます。

受診の目安

・血便がある
・1週間以上続いている
・お腹の痛みが強い
・体重が減ってきた
・周りに同じ症状の人がいる

診療科

一般内科・総合診療科・小児科

下痢の原因は胃腸炎や過敏性腸症候群であることが多いので、一般内科で十分診断・治療ができます。

消化器内科

数週間以上下痢が続いている場合は、消化器内科が適しています。大腸カメラで、大腸に炎症や大腸がんがないか、調べることができます。

検査

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

大腸に炎症や大腸がんがないか、調べることができます。

便の細菌検査

下痢を引き起こす細菌の感染がないか、調べることができます。

治療

胃腸炎であれば、自然に治ることが多いです。一部の細菌による下痢では、抗生剤を使って治療する必要があります。

腸内細菌を整える整腸剤を飲むことが多いです。

セルフケア

・水分を十分摂取する
・胃腸炎の場合は周りにうつさないようにする
・おかゆやうどんなど、消化に良いものを食べる
・食物繊維や刺激物(香辛料など)は避ける



関連するリンク
MEDLEYニュース新着記事