2016.06.01 | ニュース

肺がんをCTで早期発見しても長生きできないかもしれない

4,104人の死亡率から

from American journal of respiratory and critical care medicine

肺がんをCTで早期発見しても長生きできないかもしれないの写真

がんになるのではないかと心配で検診を受けても、結果につながるとは限りません。毎年CTの検査をして肺がんを早期発見しても死亡率には違いがなかったという研究結果が報告されました。

肺がんCTX線(放射線)を用いて、体の内部を画像化して調べる検査で探すかどうかで比較

この研究は、デンマークの研究班が、毎年CTの検査を行うことで肺がんが発見されるか、また死亡率に影響があるかを調べたものです。

50歳から70歳の喫煙者4,104人が対象となりました。対象者は、5年間続けて毎年CTで肺がんスクリーニング病気の原因や程度ではなく、病気が有るか無いかをまず調べるための検査(病気を見つけ出す検査)を受けるグループと、スクリーニングは受けないグループにランダムに分けられました。最後のスクリーニングから5年以上経過した時点で、スクリーニングを受けたグループと、受けなかったグループの死亡率が比較されました。

 

◆早期発見されたが、死亡率は変わらない

次の結果が得られました。

2群間で、肺がんによる死亡率の差(ハザード比1.03、95%信頼区間0.66-1.6、P=0.888)、全死因死亡率の差(ハザード比1.02、95%信頼区間0.82-1.27、P=0.867)は見出されなかった。スクリーニングをしない群よりも、スクリーニング群でより多くのがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるが発見され(53 vs 100、P<0.001)、特に腺がんが多かった(18 vs 58、P<0.001)。対照群よりもスクリーニング群のほうが早期がん(ステージがん等の進行の程度を示す言葉。がんの場合、大きさや広がり、リンパ節転移の有無、他の臓器への転移の有無などで決定され、治療方法に影響するIおよびII、10 vs 54、P<0.001)、ステージIIIaのがん(3 vs 15、P=0.009)が多く発見された。

スクリーニングを受けたグループのほうが、受けなかったグループよりも早期肺がんが多く発見されました。しかし、全体として死亡率に差がなく、肺がんによる死亡に限って比較しても差がありませんでした

 

がんはある程度進行してから全身に強く影響するようになります。また、進行の度合いに応じた治療法が長年のうちに進歩してきています。少し大きくなってからでも発見して治療できるがんを、もっと早く見つけても結果が変わらない場合はあるかもしれません。がんが発見されることで心理的な負担が増えることや、CTで放射線を浴びてしまうことなど、悪い面も同時に考える必要があります。

前立腺がん乳がんの検査では、結果に違いがないので早くからスクリーニングをしすぎるべきではないという意見があります。

がん検診を受けようとするときは、何を目的にするのか、どんな結果が予想できるのかをよく聞きましょう。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

Results of the Randomized Danish Lung Cancer Screening Trial with Focus on High-Risk Profiling.

Am J Respir Crit Care Med. 2016 Mar 1.

[PMID: 26485620]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

トップ