2015.11.13 | ニュース

マメ科植物に含まれる「αガラクトオリゴ糖」が過体重の人に起こした効果とは?

88人のランダム化試験
from The Journal of nutrition
マメ科植物に含まれる「αガラクトオリゴ糖」が過体重の人に起こした効果とは?の写真
(C) kerdkanno - Fotolia.com

αガラクトオリゴ糖は食物繊維の一種で、マメ科植物などに含まれます。食物繊維の健康に対する効果についてはさまざまな研究があり、この研究では、αガラクトオリゴ糖が過体重の人の食事や検査値に及ぼす影響が調べられました。

◆過体重の人の食欲と食事量を比較

研究班は、BMI(体重÷身長の2乗)が25から28の過体重にあたる人88人を対象として、αガラクトオリゴ糖を摂取したときに、食欲、食事量、また血液検査での炎症反応に変化があるかを調べました。

対象者はランダムにグループに分けられ、14日の研究期間に、量を変えてαガラクトオリゴ糖を飲むか、比較のためブドウ糖のシロップを飲むかに割り当てられました。

 

◆αガラクトオリゴ糖で食事量減少

次の結果が得られました。

α-GOSの摂取は用量依存性に介入後0日から15日の試験食でのエネルギー摂取量の変化を有意に大きくした(6g/日で-13±19kcal、12g/日で-26±22kcal、18g/日で-32±22kcal、対照群では+6±21kcal)。

αガラクトオリゴ糖を多く飲んだグループほど、食事のカロリー量が少なくなりました

研究班は「結果として、α-ガラクトオリゴ糖は長期的な体重減少を助け、代謝異常を和らげると思われる」と結論しています。

 

肥満はさまざまな病気の原因になり、予防のため食事や運動に注目した多くの研究があります。この結果も食事療法をさらに効果的にするための参考になるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

α-Galacto-oligosaccharides Dose-Dependently Reduce Appetite and Decrease Inflammation in Overweight Adults.

J Nutr. 2015 Sep

[PMID: 26180243]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事