[薬解説, ビタミン製剤]に対する検索結果

  • 薬の解説
    ビタミンB6を補い、口内炎や湿疹、貧血、手足のしびれなどを改善する薬
  • 薬の解説
    体内にビオチン(ビタミンHと呼ばれたり、ビタミンB7とも呼ばれていた)を補充し、湿疹や皮膚炎、にきびなどを改善する薬
    同義語
    ビタミンH
    ビタミンB7
  • 薬の解説
    血管の血流改善により血行をよくしたり、コレステロールを低下させることなどにより、頭痛、肩こり、冷えや動脈硬化などを改善する薬
  • 水溶性ビタミンでビタミンB群の一種であるビタミンB2を主成分とする製剤で、体内にビタミンB2を補充することで、主にビタミンB2欠乏による粘膜症状、皮膚症状、眼症状などを改善する薬
  • 薬の解説
    ビタミンの一つである葉酸を補い、葉酸欠乏による貧血や口内炎を予防する、もしくは妊娠時の葉酸補充などに使用する薬
    同義語
    ビタミンB9
  • 薬の解説
    ビタミンAを補うことで夜盲症(鳥目)や皮膚の乾燥などを改善する薬
  • 体内にパントテン酸を補充し、エネルギー代謝などに関与して、脂質異常症、湿疹、便秘などを改善する薬
    同義語
    ビタミンB5
  • 薬の解説
    ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬
  • 小腸からのカルシウム吸収を促進させ、骨量の減少を抑え骨粗しょう症による骨折などの危険性を低下させる薬
  • 薬の解説
    体内にビタミンKを補うことでビタミンKの作用により、骨を強くしたり、出血傾向などを改善する薬
  • 薬の解説
    ビタミンB1を補い、しびれ、むくみ、動悸、食欲不振、神経や運動機能の低下などを改善する薬
  • ビタミンを複数の種類配合することで体内でのビタミン不足を補い、神経や皮膚などの諸症状を改善する薬
  • 水溶性(水に溶けやすい性質)であるビタミンB(ビタミンB2やビタミンB12)を含む点眼薬
  • 薬の解説
    ビタミンCを補うことで、壊血病などの予防や治療、皮膚炎や皮膚の色素沈着の改善などに使用する薬