オペプリム - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
オペプリム
先発

オペプリムの基本情報

オペプリムの概要

商品名 オペプリム
一般名 ミトタンカプセル
薬価・規格 792.7円 (500mg1カプセル)
薬の形状
内用薬 > カプセル剤 > カプセル
内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
製造会社 ヤクルト本社
YJコード 2499006M1026
レセプト電算コード 612490039
添付文書PDFファイル

オペプリムの主な効果と作用

  • 腫瘍を治療するお薬です。
  • 過剰な副腎皮質ホルモンにより起こる症状を改善するお薬です。
  • 副腎皮質ホルモンの過剰産生をおさえる働きがあります。
  • あなたの病気や症状に合わせて処方されたお薬です。
  • 副腎皮質ホルモンの合成を阻害し、患部を縮小させる働きや、副腎皮質から過剰に産生されるステロイドホルモンをおさえる働きがあります。

オペプリムの用途

オペプリムの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、嘔吐、下痢、発疹、脱毛、皮膚そう痒、皮膚色素沈着

起こる可能性のある重大な副作用

胃潰瘍、胃腸出血、紅皮症、認知症、妄想、副腎不全、低血糖、低血糖症状、腎障害、尿細管障害、肝機能障害、黄疸、著しいAST上昇、著しいALT上昇、著しいγ-GTP上昇、著しいAl-P上昇

上記以外の副作用

嗜眠、言語障害、頭痛、眩暈、女性型乳房、貧血、白血球減少、浮腫、全身倦怠感、味覚異常、口内異常感、便秘、腹痛、口渇、皮膚乾燥、不安、振戦、不穏、健忘、神経過敏、神経症、しびれ、帯下増加、性器出血、ACTH高値、低ナトリウム血症、低カリウム血症、血小板増加、眼底出血、乏尿、血漿レニン活性上昇、高血圧、動悸、QT延長、耳鳴、腰痛、発熱、のぼせ、脱力感、関節痛、筋肉痛、食欲不振、嘔気、γ-GTP上昇、歩行不安定、脳波異常、総コレステロール上昇、低尿酸血症

オペプリムの用法・用量

  • ミトタンとして1回500~1000mg1日3回経口投与から開始し、有効量まで漸増し、以後、症状、血中・尿中ステロイド濃度、副作用等により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

オペプリムの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 重篤な外傷
    • スピロノラクトン投与中
    • ペントバルビタール投与中
    • ドラビリン投与中
    • 過敏症
    • 副腎皮質からの転移腫瘍以外の肝疾患
    • 下垂体性ACTH過剰分泌によるクッシング症候群
    • クッシング病
    • 無月経

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

オペプリムの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
スピロノラクトン 本剤の作用が阻害
エプレレノン 本剤の作用が阻害
エサキセレノン 本剤の作用が阻害
ペントバルビタール 睡眠作用が減弱
ドラビリン 血中濃度が低下し作用が減弱
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>の基質となる薬剤 血中濃度が低下し作用が減弱
ミダゾラム 血中濃度が低下し作用が減弱
トリロスタン 副腎皮質機能抑制作用が増強

オペプリムと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
    処方薬

    オペプリム

    薬価 792.7円 (500mg1カプセル)
    薬の形状 内用薬 > カプセル剤 > カプセル
    製造会社 ヤクルト本社
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る