デンタルピルクリーム

デンタルピルクリームの基本情報

デンタルピルクリームの概要

商品名 デンタルピルクリーム
薬のタイプ 外用 / 指定第2類
製造会社 万協製薬
販売会社名 森下仁丹

デンタルピルクリームの特徴

口腔用外用薬
口唇炎の原因には、ビタミンB2不足、又は、食事、薬、口紅もしくは空気で運ばれる刺激物質などによる過敏症などがあります。
◆唇に炎症口唇炎)が起きると、唇の両端(口角)に痛み、ひりひり感、発赤、ひび割れ、うろこ状のびらんなどの症状が現れます。これらの症状には、抗炎症作用のあるコルチコステロイド副腎皮質ホルモン)軟膏の使用がおすすめです。
◆デンタルピルクリームは、抗炎症作用のある合成副腎皮質ホルモン・プレドニゾロンと、細菌感染を防ぐ殺菌成分・セチルピリジニウム塩化物水和物を効果的に配合しており、口唇炎、口角炎などに優れた効果をあらわします。

デンタルピルクリームの効果・効能

口唇炎、口角炎、口内炎歯肉炎、歯齦炎。

デンタルピルクリームの構成成分

100g中 プレドニゾロン0.2g、セチルピリジニウム塩化物水和物0.1g

デンタルピルクリームの用法・用量

1日数回、適当量を清潔な指先、又は脱脂綿につけて、患部に塗擦してください。
<用法及び用量に関連する注意>
1.定められた用法・用量を守ってください。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.本剤は効能・効果に記載されている症状にのみ使用し、眼科用その他に使用しないでください。

デンタルピルクリームの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
関係部位・・・症状
皮ふ・・・発疹発赤、かゆみ
3.5~6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

デンタルピルクリームの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。