こうかくびらん、こうしんえん

口角びらん、口唇炎

口のまわりや唇が割れたり、ただれたりした状態

病気に関連する診療科の病院を探す
2人の医師がチェック 57回の改訂 最終更新: 2017.06.15

口角びらん、口唇炎の基礎知識

口角びらん、口唇炎について

  • 口のまわりや唇が割れたり、ただれたりする
  • 以下のことが原因で起こる
    • よだれ
    • 乾燥
    • 水疱皮膚にできる発疹を表す言葉の一種で、いわゆる「水ぶくれ」のこと(水ぶくれ)
  • 体力が落ちて、免疫病原体に対する体の防御システム。何かのきっかけで、免疫が過剰反応している状態がアレルギーで、免疫が自分自身の体を攻撃してしまうのが自己免疫疾患力が下がっているところで細菌感染症を起こす微生物の1つ。ウイルスと比較して10-100倍の体の大きさをもつウイルス様々な病気の原因となる病原体の一つ。細菌とは別物であり、抗菌薬は無効であるが感染したことが原因ともなる
  • 感染による口角びらん口唇炎は以下の3つにわけられる
    • 水ぶくれを伴うウイルス感染
    • 白いのりのようなものがつく真菌病気の原因となる微生物のうち、かびの仲間のこと。細菌に対する薬である抗菌薬は効果がなく、真菌感染症には抗真菌薬が用いられる感染
    • ただれが強い細菌感染

口角びらん、口唇炎の症状

  • 唇や口角の乾燥
  • 口のまわりが割れる
  • 皮がめくれる
  • 口のまわりがかさかさする
  • 黒い色の点が沈着する
  • 口のまわりが割れたりすることによって、血が出ることがある

口角びらん、口唇炎の検査・診断

  • 症状の問診医師が、ある症状や病気についての経過を聞き、質問を繰り返すことと口の状態の診察から診断する

口角びらん、口唇炎の治療法

  • 基本的な治療は、ひどくならないように軟膏などを適宜使用し、自然に治るのを待つ
  • 薬物療法
    • 乾燥させないための軟膏
    • ウイルス様々な病気の原因となる病原体の一つ。細菌とは別物であり、抗菌薬は無効である薬の軟膏
    • 抗菌薬細菌感染症に対して用いられ、細菌の増殖を防ぐ、もしくは殺菌する薬。ウイルスや真菌(かび)には効果がないの軟膏
  • 以下のことを行うことで予防できる
    • 唇などが乾燥しないようにする
    • よだれがつかないようにふく

口角びらん、口唇炎のタグ


口角びらん、口唇炎に関わるからだの部位

トップ