ヘヤーグロン

ヘヤーグロンの基本情報

ヘヤーグロンの概要

商品名 ヘヤーグロン
薬のタイプ 外用 / 第1類
製造会社 大東製薬工業
販売会社名 あかひげ薬局

ヘヤーグロンの特徴

「ヘヤーグロン」は、有効成分として男性ホルモンであるテストステロンを配合した医薬品です。
テストステロンの分泌は、男性の場合、一般的に第二次性徴期から急上昇した後、30歳頃まで旺盛ですが、その後は加齢とともに衰えて、40歳代後半から顕著に減少します。男性更年期や初老期のうつなど、性機能の衰えに代表される諸症状の発現は、この頃から多くなります。また、加齢が原因だけでなく、ストレスなどが原因で急激に分泌が衰えることもあります。
「ヘヤーグロン」は、男性ホルモンの分泌不足を皮ふから補充して、分泌不足にともなう諸症状の改善が期待できる塗り薬です。

ヘヤーグロンの効果・効能

男性ホルモン分泌不足による性器の神経衰弱の諸症即ち勃起力減退、早漏、陰萎、性欲欠乏、性感減退、遺精、睾丸欠落症、先天性睾丸発育不全、脳下垂体性腺ホルモンが無効の潜伏睾丸、女性恥部無毛症、乳汁の分泌抑制。

ヘヤーグロンの構成成分

100g中 テストステロン1g

ヘヤーグロンの用法・用量

適当量を局所に塗擦する。
<注意>
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
3.ご使用前後には、手指をよく洗ってください。
4.塗布部を清潔にしてからお使いください。
5.外用にのみ使用してください。
<詳しいご使用方法(推奨)>
男性
チューブから指先に取り出す長さ:7mm/回(添付文書図参照)。
用法:2回(朝・晩)/日。
症状改善後は1回/日。
塗布部:陰のう、あご下又は腹部等。
全体によくすり込んでください。
女性
チューブから指先に取り出す長さ:2mm/回(添付文書図参照)。
用法:1回/日。
塗布部:患部。
膣粘膜への塗布を避けてください。

ヘヤーグロンの主な副作用

1.次の人はご使用前に医師または薬剤師に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)前立腺肥大ではあるが、排尿困難を伴わない人。
 (3)薬や化粧品によりアレルギー症状(発疹発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水疱など)を起こしたことがある人。
 (4)本人または家族がアレルギー体質の人。
 (5)重度の心臓病、腎臓病、肝臓病、高血圧またはその既往歴のある人。
2.次の場合は、使用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
 (1)使用後、次の症状があらわれた場合。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水疱、にきび
 (2)1ヶ月程度使用しても症状の改善がみられない場合。
 (3)月経異常、あるいは変声等の男性化の兆候がみられた場合。
 (4)誤った使い方をしてしまった場合。

ヘヤーグロンの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。