デノスマブ製剤(多発性骨髄腫、骨巨細胞腫治療薬)を使用する主な病気(多発性骨髄腫)など | MEDLEY(メドレー)
デノスマブ製剤(多発性骨髄腫、骨巨細胞腫治療薬)
骨を壊す過程を亢進する作用をあらわす体内物質のRANKLを阻害し、多発性骨髄腫や固形がんの骨転移による骨病変の進行を抑えたり、骨巨細胞腫の病変部位における抗腫瘍作用などをあらわす薬
同義語:
ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤

デノスマブ製剤(多発性骨髄腫、骨巨細胞腫治療薬)を使う主な病気

  • 多発性骨髄腫

    血液がんの一種。免疫細胞の一種が異常ながん細胞となり、骨髄の中で増殖する状態。骨や免疫が弱くなったりする。
    骨・関節
    血液・血管
    血液内科