硝酸薬
心臓のまわりの冠動脈を広げ血流量を増やし、心臓に酸素などを補給することで、全身の血管抵抗を減らして心臓の負担を軽くする薬

硝酸薬を使う主な病気

  • 心筋梗塞

    心臓の筋肉に酸素を送る血管(冠動脈)が詰まってしまい、組織が壊死すること。痛み・冷や汗・吐き気などの症状がないこともある。突然死の原因になる
    胸(肺・心臓・その他)
    循環器内科
    心臓・血管外科
  • 狭心症

    心臓の血管が狭くなり十分な酸素が届かないことで胸痛などが起こる、心筋梗塞の手前の状態。原因は動脈硬化や冠攣縮などになる
    胸(肺・心臓・その他)
    循環器内科
  • 虚血性心疾患

    心臓の筋肉(心筋)が必要な酸素を受け取れなくなってしまい、心臓の働きが弱まってしまう病気
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    循環器内科
    心臓・血管外科