コリンエステラーゼ阻害薬(重症筋無力症治療薬)を使用する主な病気(重症筋無力症)など | MEDLEY(メドレー)
コリンエステラーゼ阻害薬(重症筋無力症治療薬)
神経伝達物質アセチルコリンの分解酵素(コリンエステラーゼ)を阻害し、アセチルコリンの分解を抑えアセチルコリンの作用を増強することで、重症筋無力症における目や口、全身の筋力低下などを改善する薬

コリンエステラーゼ阻害薬(重症筋無力症治療薬)を使う主な病気

  • 重症筋無力症

    免疫機能の異常が原因で、目や口など様々な場所の筋力が低下する病気
    胸(肺・心臓・その他)
    筋肉
    神経内科