抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)
抗コリン作用により、脳内のドパミン作用を強め、パーキンソン病における手足の震えなどの症状や抗精神病薬によるパーキンソン症候群などを改善する薬

抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)を使う主な病気

  • パーキンソン病

    脳からの命令を伝える物質のドパミンが不足し、体が自由に動かなくなる病気。排便・排尿障害やうつ、認知症を起こすこともある。
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    リハビリテーション科
  • パーキンソン症候群

    パーキンソン病以外の原因で、パーキンソン病と同じような症状を引き起こす病気の総称。パーキンソン病とは区別される
    全身・その他
    頭・顔・口
    筋肉
    脳・脊髄(中枢神経)
    こころ
    神経内科
    リハビリテーション科