そけいへるにあ
鼠径ヘルニア(総論)
腹部の臓器(主に腸)が、太ももの付け根の内側から、皮膚のすぐ裏側まで出てきた状態。飛び出し方により分類される
5人の医師がチェック 99回の改訂 最終更新: 2018.08.28

鼠径ヘルニア(総論)の詳細情報

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアは本来お腹の壁の中に収まっている腸や脂肪が足の付根付近で飛び出て、皮膚のすぐ下まできてしまう病気です。「脱腸」の名前で多くの人に知られており、耳にしたことがある人もいるかもしれません。このページでは鼠径ヘルニアの概要として、症状や検査、治療などについて説明します。