かへいじょうしっしん
貨幣状湿疹
腕の外側や脚の前面、腰などにできる、強いかゆみを伴った円形の湿疹
5人の医師がチェック 27回の改訂 最終更新: 2018.11.20

貨幣状湿疹の基礎知識

POINT 貨幣状湿疹とは

主に腕の外側や脚の前面、腰にできる強いかゆみとともなった円形の湿疹のことです。表面は汁が出たり、かさぶたができたりを繰り返します。原因は皮膚の乾燥やアレルギー、慢性的な感染があります。ステロイドが含まれた塗り薬や抗ヒスタミン作用がさる飲み薬によって治療が行われます。貨幣状湿疹が心配な人は皮膚科を受診してください。

貨幣状湿疹について

  • 強いかゆみを伴った円形の湿疹
    • 腕の外側や脚の前面、腰などにできやすい
    • 直径数cmほどの湿疹がいくつも現れる
    • 特にすねにできることが多い
    • 表面はじゅくじゅくしたり、かさぶたができたりを繰り返す
  • 主な原因は以下のものである
  • 中年以降に多く見られる
  • 冬に多くみられ症状が強くなる
    • 春から夏になると次第に軽くなる
  • 症状が悪くなると、自家感作性皮膚炎を起こすことが多い

貨幣状湿疹の症状

  • 皮疹丘疹湿疹
  • かゆみ(そう痒感)
    • かゆみが強い場合は、睡眠を妨害されるほどにまでなる
  • 皮疹の表面が湿潤する(じゅくじゅくする)

貨幣状湿疹の治療法

  • 薬を用いた治療を行う
    • ステロイド外用薬を塗る
    • ヒスタミン薬を飲む
  • 保湿や皮膚を掻き壊さないことも重要

貨幣状湿疹が含まれる病気

貨幣状湿疹のタグ

診療科
からだ

貨幣状湿疹に関わるからだの部位