せんしゅようこうじょうせんしゅ

腺腫様甲状腺腫

甲状腺にできる良性腫瘍の一種で、1個から複数個のしこりができる病気

病気に関連する診療科の病院を探す
7人の医師がチェック 76回の改訂 最終更新: 2017.07.21

腺腫様甲状腺腫の基礎知識

POINT腺腫様甲状腺腫とは

甲状腺の細胞の過形成で、腫瘍のように見える疾患です。1つのみの場合と、多発する場合があります。症状は甲状腺のしこりですが、無症状で人間ドックなどで発見されることも多いです。腫瘤の内部で急激な出血が起こって、大きくなることがあります。超音波検査で悪性疾患を疑う見た目がある場合は、腫瘍に針をさして細胞を調べる検査を行います。癌の合併は10%で、正常あるいは他の甲状腺疾患で癌が発見される頻度と同じです。甲状腺ホルモンを産生する腫瘍に変化することがあるので、年に1回の超音波検査と甲状腺機能検査を行いましょう。手術は腫瘍が4cm以上、気管や食道の圧迫症状がでた場合などに行います。手術は耳鼻咽喉科や甲状腺外科で行いますが、経過観察は一般内科でも可能です。

腺腫様甲状腺腫について

  • 甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌するにできる良性腫瘍「がん」ではない腫瘍。無制限に大きくなったり、転移したりする悪性腫瘍とは異なるが、部位やサイズによっては手術が必要となるの一種で、1個から複数個のしこりができる
    • 甲状腺の中に腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるができており、腫瘍の内部に液体が一部含まれていることが多い
    • これが大きいものから、小さいものまであり、しこりとなって形成される
  • まれに、腫瘍の一部にがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるが含まれていることがあるので、一度専門的な検査を受ける必要がある
  • 遺伝性のものもあるが、多くは原因不明

腺腫様甲状腺腫の症状

  • 甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌する(のど元の部分)にしこりができる
  • 甲状腺が腫れる

腺腫様甲状腺腫の検査・診断

  • 触診:のどを外から触って調べる
  • 甲状腺超音波空気の細かな振動である超音波を使って、首の前方にある甲状腺の形状や状態を調べる検査エコー空気の細かな振動である超音波を使った画像検査。体の奥の血管や臓器を観察することができる)検査:しこりの有無や血流の変化を調べる
  • 血液検査:甲状腺ホルモン全身の代謝を活発にしたり、神経を興奮させたりする働きをもつホルモンやサイログロブリン、その他、甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌するの病気に関わるような抗体白血球が作り出す、免疫の一部を担う物質。体内の病原体に付着して、他の免疫細胞の働きを助けたりするを調べる
  • 穿刺体の外から体の中の血管や内臓に注射針を刺すこと。検査のために身体の中の組織を吸い取ったり、治療のために薬物を注入したりする際に行われる吸引細胞診病気を詳しく調べるために、病変のかけらである細胞を採取して、顕微鏡で調べる検査。腫瘍が、がんかどうかを調べる時などに行われる。より詳しく調べるのが組織診:超音波を見ながら細い針を刺して細胞を取ってきて顕微鏡で調べる

腺腫様甲状腺腫の治療法

  • 細胞診病気を詳しく調べるために、病変のかけらである細胞を採取して、顕微鏡で調べる検査。腫瘍が、がんかどうかを調べる時などに行われる。より詳しく調べるのが組織診良性病気の中でも、相対的に経過が悪くないもの。多くの場合、腫瘍をつくる病気に対して、悪性腫瘍と対比させるために使われる用語の場合は1年に1,2回ほど超音波で検査を行い、大きさの変化などがないかを確認する
    • 外来通院を開始してからある程度期間が経っていれば、途中で通院を中止することも多い
  • 首に圧迫症状がある場合やがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある細胞が混在しているリスクがある場合、摘出手術が勧められる

腺腫様甲状腺腫が含まれる病気


腺腫様甲状腺腫のタグ

からだ首・のど

腺腫様甲状腺腫に関わるからだの部位