[医師監修・作成]虚血性大腸炎 | MEDLEY(メドレー)
きょけつせいだいちょうえん
虚血性大腸炎
大腸への血のめぐりが悪くなり必要な酸素や栄養が届かなくなるため、大腸が炎症を起こしたり大腸が壊死したりしてしまう病気
8人の医師がチェック 81回の改訂 最終更新: 2022.03.04

虚血性大腸炎

虚血性大腸炎とは大腸への血流が悪くなることが原因で起こる病気です。虚血性大腸炎の症状は腹痛、血便、下痢などが特徴的です。多くの場合、症状は一時的で適切な治療で回復が見込めます。

虚血性大腸炎とは?症状・原因・検査・治療など

虚血性大腸炎とは大腸への血流が悪くなることが原因で起こる病気です。虚血性大腸炎の症状は腹痛、血便、下痢などが特徴的です。多くの場合、症状は一時的で適切な治療で回復が見込めます。

虚血性大腸炎の症状:腹痛・血便・下痢

虚血性大腸炎は典型的な症状として腹痛・血便・下痢の3つが現れることが多いです。虚血性大腸炎にはよく似た症状が現れる病気がいくつかあり、虚血性大腸炎と見分けることも重要です。

虚血性大腸炎の原因:糖尿病・高血圧・透析治療など

虚血性大腸炎は大腸への血流が一時的に悪くなることが原因で起こる病気です。大腸の血流が悪くなることにはいくつか原因があります。虚血性大腸炎に注意が必要な人や原因になる生活習慣について解説します。

虚血性大腸炎の検査:CT検査や内視鏡検査など

虚血性大腸炎は診察やいくつかの検査を用いて診断します。虚血性大腸炎は腹痛・血便・下痢が特徴的な症状ですが似た症状が現れる病気は他にもあります。他の病気と見分ける目的で検査が行われることもあります。

虚血性大腸炎の治療:保存的治療や手術など

虚血性大腸炎は大腸への血流が悪くなり腸に炎症が起こる病気です。炎症が起きている腸に便が通過すると悪い場所を刺激してしまい症状が悪化する恐れがあります。虚血性大腸炎では腸を休めることなどが治療の中心になります。

虚血性大腸炎を再発させないために:便秘の解消・動脈硬化の予防など

虚血性大腸炎と診断された方は突然お腹が痛くなり血便が出て、怖い経験だったと思います。虚血性大腸炎は一定の確率で再発することが知られています。虚血性大腸炎の再発をできるだけしないような取り組みを考えてみます。