がいしょうせいはくないしょう
外傷性白内障
外傷(けが)が原因で起こる白内障
3人の医師がチェック 94回の改訂 最終更新: 2018.10.07

外傷性白内障の基礎知識

POINT 外傷性白内障とは

白内障は目のレンズの働きをしている水晶体に問題が起こる病気のことです。水晶体はもともとは透明ですが、白内障になると濁りが生じます。目の怪我が原因の白内障を外傷性白内障と呼びます。 白内障になると、ものが見えづらくなったり、光を極端に眩しく感じたりします。視力検査や細隙灯検査などで診断が行われます。点眼薬や眼内レンズの挿入で治療を行われることが多いです。目の怪我の後にものが見えづらく感じたり、光を極端に眩しく感じたりする人は外傷性白内障が起こっている可能性があるので眼科を受診してください。

外傷性白内障について

  • けがを原因とする白内障
    • 眼球の外傷によって水晶体が傷つき濁ることで起こる
    • スポーツや仕事上のけがによるものが多い

外傷性白内障の症状

  • 視力の低下
    • 自覚症状がすぐに現れないこともある
    • 外傷を受けてから年単位で経過した後に視力低下を自覚することもある
  • ものを見る際のまぶしさの自覚

外傷性白内障の検査・診断

  • 視力検査:見える度合いを調べる
  • 眼圧検査:目の圧力の状態を調べる(緑内障も同時に起こることがあるのでチェックする)
  • 眼底検査:目の中の状態を調べる
  • 細隙灯顕微鏡検査:眼科用の特別なレンズを使って、目の中の状態を調べる

外傷性白内障の治療法

  • 手術による治療:水晶体(レンズ)を人工のものに取り替える
    • 外傷の程度により手術方法や難易度が異なる

外傷性白内障の経過と病院探しのポイント

外傷性白内障が心配な方

白内障では、徐々に視力が低下して、視野がかすんで見えにくくなってきます。鏡で自分の目を見ても瞳孔の部分が白く反射して見えるでしょう。慣れた人が診察すれば見た目だけで白内障と当たりをつけることができます。一般的な白内障は主に加齢が原因なのですが、外傷性白内障では若い方でもスポーツによる目のけがなどが原因で発症します。

目のケガの後から視力が低下してきたということであれば、一度お近くの眼科クリニックを受診して診察を受けることをお勧めします。白内障そのものは眼科の中では一般的で患者数の多い病気ですので、大病院や専門病院でなければ診断がつけられないということはありません。

外傷性白内障に関連する診療科の病院・クリニックを探す

外傷性白内障でお困りの方

外傷性白内障の治療は原則的に手術になります。手術では濁りの生じている水晶体を目から取り除いて、人工レンズを入れ直します。クリニックから病院まで、眼科であれば多くのところで受けられる手術です。クリニックの中でもこのような手術を一切行っていないところと、逆に白内障手術に特化した病院まで様々です。日帰りや一泊の入院で受けられる手術ですので、ご自身の都合にあった病院を探すことをお勧めします。

病院を探す上で一つ参考となるのは、病院ごとの手術件数です。多くやっていれば良いという単純なものではありませんが、その地域内で比較した時に件数が少なすぎないというのは参考項目になるかもしれません。また、大きい病院ほど当然手術件数は多くなりますが、眼科専門医一人あたりの手術件数なども目安になるのではないでしょうか。

外傷性白内障に関連する診療科の病院・クリニックを探す

外傷性白内障が含まれる病気

外傷性白内障のタグ

診療科
からだ

外傷性白内障に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する