げんぱつせいあるどすてろんしょう
原発性アルドステロン症
高血圧のうち、腎臓の上にある副腎という臓器が原因で生じるもの。全高血圧症患者のうち、5-10%がこれに当てはまる。
15人の医師がチェック 110回の改訂 最終更新: 2020.04.22

原発性アルドステロン症の詳細情報

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症はアルドステロンというホルモンの過剰分泌により血圧が高くなる病気です。血圧が高い人の3-10%に原発性アルドステロン症が隠れていると言われておりいます。若いのに血圧が高い人、薬を飲んでも血圧が下がらない人は注意が必要です。治療としては薬物療法と手術があり、原発性アルドステロン症の原因、年齢、全身状態、持病の有無によって治療法が決定されます。