[医師監修・作成]原発性アルドステロン症の治療について | MEDLEY(メドレー)
げんぱつせいあるどすてろんしょう
原発性アルドステロン症
高血圧のうち、腎臓の上にある副腎という臓器が原因で生じるもの。全高血圧症患者のうち、5-10%がこれに当てはまる。
15人の医師がチェック 112回の改訂 最終更新: 2021.05.14

原発性アルドステロン症の治療について

原発性アルドステロン症の治療にはアルドステロン拮抗薬による薬物療法と手術があります。原発性アルドステロン症のうち両側副腎過形成の人や、副腎腺腫で手術を希望しない人は薬剤療法を行います。副腎腺腫の手術希望の人は手術を行います。手術は完治が可能な治療の選択肢です。

1. 薬物療法

原発性アルドステロン症の原因には両側の副腎が大きくなる「両側副腎過形成」と片側の副腎に良性のできものができる「副腎腺腫」の2種類があります。原発性アルドステロン症の薬物療法は両側副腎過形成の人、副腎腺腫の人のうち手術を希望しない人・手術ができない人に行われます。具体的にはアルドステロンの作用を抑えるアルドステロン拮抗薬を使います。

アルドステロン拮抗薬

アルドステロン拮抗薬はアルドステロンの作用を抑える薬です。具体的にはスピロノラクトン(主な商品名:アルダクトン®A)やエプレレノン(商品名:セララ®)などの飲み薬があります。原発性アルドステロン症による血圧上昇や低カリウム血症を改善する効果があります。ただし、症状が改善しても、薬を中断すると高血圧や低カリウム血症を再発してしまうことが多いので、一生涯飲み続ける必要があります。

また、アルドステロン拮抗薬の副作用としては以下のものがあります。

なお、乳房の腫れは男性でも起こることがあり、女性化乳房と呼ばれます。エプレレノンはスピロノラクトンに比べると女性化乳房が少ないとされています。

もしアルドステロン拮抗薬を飲んでいて体調の変化を自覚した場合には担当のお医者さんに相談してください。

2. 手術

副腎は右と左に1つずつ、計2つあります。副腎は1つあれば生きるのに必要なホルモンを作ることができるので、どちらか片方だけであれば取ることができます。両方を取ることはできません。そのため、片方の副腎に腫瘍ができる副腎腺腫では、手術を選択することができます。手術のメリットとしては原発性アルドステロン症の原因となっている副腎腺腫を切除し、完治が見込めることです。

原発性アルドステロン症の原因となる副腎腺腫

副腎腺腫の切除は腹腔鏡手術で行うことが多いです。腹腔鏡手術はお腹にいくつかの穴を開け、その穴から腹腔鏡と呼ばれるカメラでお腹の中を観察し、他の穴から手術の器具を入れて手術を行う方法です。腹腔鏡手術は開腹手術(お腹を大きく切る手術)に比べ、傷が小さく回復が早いという特徴があります。

副腎腺腫の腹腔鏡手術にかかる時間は2-4時間程度で、入院期間は1週間前後になります。

ただし、手術の途中で腹腔鏡手術で治療が難しいと判断された場合には開腹手術に変更することがあります。

3. 薬物療法と手術とどちらが良いか?

副腎腺腫で薬物療法と手術どちらで治療をするかは、年齢、身体の状態、持病の有無と、患者さんの希望を参考に決めていきます。例えば、お年寄りの人は薬物療法が向いてますし、全身状態も良く、手術の希望があれば、手術を行います。薬物療法と手術療法にはそれぞれの以下のようなメリット・デメリットがあります。

  メリット デメリット
薬物療法 手術による身体の負担がない
入院する必要がない
薬を飲み続けなければいけない
効果が不十分のことがある
手術 血圧の薬の減量が可能
薬をやめられる場合もある
1週間程度の入院が必要
お腹に傷ができる

上記のメリット・デメリットを参考にしながら、価値観や安全性などのバランスを考えて治療法を選ぶことが大事です。

4. ガイドラインはあるか?

近年、どこの病院でも一定水準以上の医療を受けられるようにするため、さまざまな病気に対して治療の指針が作成される時代となっています。この治療の指針をガイドラインと呼びます。原発性アルドステロン症のガイドラインは2016年に日本内分泌学会・日本内分泌外科学会から「わが国の原発性アルドステロン症の診療に関するコンセンサス・ステートメント」という形で発表されています。日々の診療ではガイドラインも参考にしながら治療方針の決定が行われます。

(2020.4.20閲覧)