ゆーいんぐにくしゅ
ユーイング肉腫
骨にできる悪性腫瘍(がん)。10代の男性に多く見られる。子供の骨にできる腫瘍では、骨肉腫の次に多い。
6人の医師がチェック 140回の改訂 最終更新: 2017.06.15

Beta ユーイング肉腫についての医師コメント

ユーイング肉腫/PNETは幼いまた若い方に多いがん(肉腫)であり、治療も手術・化学療法など多岐にわたります。手術だけでは再発が多いので化学療法をしっかり受けましょう。手術ができない方でもこのがんに関して化学療法の効果は比較的高いです。長期生存も狙えますから、気を落とさず頑張りましょう。しかし治療期間も長く、化学療法の副作用もあり、入退院を繰り返すことになるため、患者さんは肉体的にも精神的にもとても大変です。治療期間中はご家族のサポートがあると心強いと思います。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.28

遠隔転移がなく、手術ができる場合、もしくは遠隔転移はあるものの取りきることが可能な場合→手術+化学療法
遠隔転移がなく、手術をしたがマージンが十分取れなかった場合→手術+化学療法+放射線治療
遠隔転移があり手術の適応でない、もしくは部位の問題などで切除が困難な場合→化学療法(場合により放射線治療を加える)
再発の場合→手術、化学療法、放射線治療、緩和治療などを組み合わせてケースバイケース

一般的にはこのようなアルゴリズムで行っています。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.02.28

MEDLEYニュース新着記事