クラミジア・トラコマティス肺炎 - 医師からのアドバイス | MEDLEY(メドレー)
くらみじあとらこまてぃすはいえん
クラミジア・トラコマティス肺炎
出産の際に母親から赤ちゃんにクラミジアが感染して起こる肺炎。生後3-16週に結膜炎に続いて発症する。発熱はなく、症状は鼻水や軽度の咳のことが多い
8人の医師がチェック 146回の改訂 最終更新: 2021.03.01

Beta クラミジア・トラコマティス肺炎についての医師コメント

クラミジア感染症は大人の場合は咽頭炎、膣炎、尿道炎などを起こしますが、抗菌薬で改善できるためさほど重症化せず、深刻なものとはなりにくいです。しかし母子感染には注意が必要です。母親がクラミジア感染をしていると産道から出てくるときに赤ちゃんに感染し、命に関わりうる重篤な結膜炎や肺炎を起こしてしまうことがあります。多くの場合は産婦人科に通院していればクラミジア感染症の有無についてはチェックされますが、その後の性交渉により出産までに改めて感染してしまうリスクもあります。特に夫が陽性の場合は夫も治療しておくことが望ましいといえます。妻が妊娠中の風俗などには特に注意が必要です!


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.19