あなふぃらきしー
アナフィラキシー
強いアレルギー反応により、窒息など命の危険が引き起こされた状態
17人の医師がチェック 115回の改訂 最終更新: 2018.03.01

Beta アナフィラキシーについての医師コメント

アナフィラキシーという言葉をご存知の方は増えてきておりこの疾患のこともご存じだと思います。蜂によるアナフィラキシーは回数を重ねるごとに重症化しやすいことが知られています。蜂を避けるには、服装は白が基本です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.08

アレルギーの原因物質が判明しないこともあります。ただし、アナフィラキシー・ショックを起こすと命に関わる為、発作を起こす方は発作時に使用できる自己注射薬の携行が推奨されます。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.12

アナフィラキシーを起こすと、気管という空気の通り道の壁が浮腫んで窒息の原因となったり、血圧が低下することで様々な臓器の障害が生じます。それらを改善するために、アレルギーを抑える薬の投与が必要になりますが、それでは間に合わない場合は速やかに血管収縮作用のあるアドレナリンを使用します。アドレナリンを使用することで、浮腫の軽減や血圧の低下を抑えることができ、急場を凌ぐことができます。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.03.12

アナフィラキシーショックは、単なるアレルギー反応ではなく、命の危険を伴う重大な発作です。普段はかゆみくらいの症状しか出ないアレルギー物質(食べ物や、動物など)であっても、体調によってはある日突然アナフィラキシーショックになることがあるので、注意が必要です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.27