しりょくのていか
視力の低下

視力の低下の基礎知識

概要

緑内障糖尿病は患者数がとても多く、国内の失明原因の上位2つです。徐々に視力が低下することが多いですが、急性緑内障発作糖尿病も原因となる網膜剥離は、ある日突然の視力低下につながります。

片目だけ視力が落ちていたり視野が狭くなっていたりしても、もう片方の目が正常だと気づくのが遅くなりやすいです。目に違和感があれば、片目ずつ隠してのセルフチェックが有効です。

原因とメカニズム

視力が低下する原因は、病気によって異なります。ここでは白内障緑内障糖尿病性網膜症について説明します。

白内障では、老化とともに水晶体が白くにごるため、全体がかすんで見えにくくなります。

緑内障では、年をとるにつれて眼の圧力が高くなって、視神経が傷つくため、視力が低下していきます。

糖尿病性網膜症では、糖尿病が原因で眼の網膜の血管がもろくなり、出血したり傷ついたりして、やがて失明に至ります。

症状から考えられる病気

目がかすむ

お年寄りで目がかすむ原因のほとんどは、白内障です。

糖尿病がある

糖尿病性網膜症が考えられます。

一時的に目がかすんだり、街灯の周りに虹の輪が見えたりした

緑内障の小さな発作の可能性があります。大きな発作を起こす可能性があるので、早めに医療機関を受診したほうがいいです。

怖い病気と受診の目安

視力が低下する病気は、どの病気も失明する可能性があるため、怖い病気だと言えます。視力の低下に気づいた場合は、必ず眼科を受診するようにしてください。

診療科

眼科

眼科が適しています。

検査

視力検査

よく健診などのときに行われる検査です。

視野検査

視野が欠けていないかを調べる検査です。

眼圧検査

緑内障の診断の役に立ちます。

眼底検査

眼底鏡という機械をつくって眼を覗き込むことで、網膜に出血、浮腫などを観察することができます。

治療

原因の病気に応じた治療がされます。



関連するリンク
MEDLEYニュース新着記事