2016.06.26 | ニュース

膀胱がんの再発を防ぐBCG注入療法の効果は?

229人の治療結果から
from European urology
膀胱がんの再発を防ぐBCG注入療法の効果は?の写真
(C)sudok1 - Fotolia.com

悪性度が低い膀胱がんの治療法のひとつに、結核の予防接種としても知られるBCGを膀胱に注入する方法があります。BCGの効果を確かめる研究が行われました。

◆BCGとエピルビシン/インターフェロンはどちらが効く?

ここで紹介する研究は、再発を経験している軽度の膀胱がんの患者229人を対象として、BCGの効果を調べています。

対象者は最初の手術治療と抗がん剤のエピルビシンによる治療に加えて、BCGまたはエピルビシンとインターフェロンによる薬剤治療を受けました。

対象者はランダムにグループに分けられ、BCGで治療するグループ、エピルビシンとインターフェロンで治療するグループとされました。

 

◆再発が少なく、膀胱がんによる死亡が少ない

次の結果が得られました。

7.4年時点で、再発の確率はBCG群で39%、EPI/IFN群で72%だった(ハザード比0.41、95%信頼区間0.28-0.60、P<0.001)。

[...]疾患特異的死亡率には、BCG群が勝る有意差があった(ハザード比0.20、95%信頼区間0.04-0.91、P=0.04)。

BCGのグループのほうが、研究開始から7.4年後までに膀胱がんが再発することが少なくなっていました。また、膀胱がんが原因の死亡もBCGのグループで少なくなっていました。

 

実際の治療結果として、BCGの効果の一面が示されました。BCGは、膀胱がんに苦しむ人には重要な助けになるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Intravesical Bacillus Calmette-Guérin Versus Combination of Epirubicin and Interferon-α2a in Reducing Recurrence of Non-Muscle-invasive Bladder Carcinoma: FinnBladder-6 Study.

Eur Urol. 2016 Apr 13. [Epub ahead of print]

[PMID: 27085624]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事