2016.03.27 | コラム

汗でかゆみが増す?アトピー性皮膚炎と汗の関係について解説

汗でかゆみが増す?アトピー性皮膚炎と汗の関係について解説の写真
(C) naka - Fotolia.com

この記事のポイント

1. アトピー性皮膚炎に汗は悪影響?
2. アトピー性皮膚炎では汗をかく機能がむしろ悪くなる?
3. 汗をかいたらどう対処する?

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う湿疹を特徴とする病気です。この痒みや湿疹は、様々な要因で悪化することが報告されています。今回はその中の一つである「汗」に着目し、アトピー性皮膚炎と汗の関係について解説します。

◆アトピー性皮膚炎に汗は悪影響?

アトピー性皮膚炎(通称アトピー)は、アレルギーの体質があったり、それに加わる乾燥肌が原因で起こる病気です。症状としては、強いかゆみ、湿疹があり、さらに皮膚の免疫力が低下していることから感染症にもかかりやすいと言われています。これらの症状は、いくつかの要因で悪化するかもしれないということをよく耳にします。その中のひとつが、「」です。なぜ汗をかくと、アトピー性皮膚炎の症状が悪化すると言われているのでしょうか?また、本当に汗がアトピー性皮膚炎を悪化させる要因なのでしょうか?

まず、汗には体温調節(皮膚の温度を調整する機能)、感染から身を守る、肌の保湿などの機能があります。汗をかくことが悪いとは言えません。さらに、実は発汗自体がアトピー性皮膚炎を悪化させるという明確な根拠はありません。アトピー性皮膚炎診療ガイドライン(日本皮膚科学会、2016年版)では、「...発汗を避ける指導が(アトピー性皮膚炎の)症状を改善したとするエビデンスはない」と記載されており、発汗させないことが症状の改善につながるとは言えないことを示していました。それでは、なぜ汗とアトピー性皮膚炎の関係性が注目されているのでしょうか?

この理由を説明するためには、「汗」を大きく2つの観点から見る必要があります。

前述した汗は、「いわゆる汗をかくこと」です。汗のもうひとつの側面は、「かいた後の汗」です。実は、過去の研究において、「かいた後の汗」はアトピー性皮膚炎の症状である痒みを増強するということが報告されています。つまり、「汗をかくことがアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる」ということではなく「かいた後の汗をそのままにしておくことがアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる」と捉えることが適切であるということです。

 

◆アトピー性皮膚炎では汗をかく機能が悪くなる?

前述のように、アトピー性皮膚炎の症状は「かいた後の汗」により悪化する可能性がありましたが、そもそもアトピー性皮膚炎では「発汗障害」と呼ばれる汗をかく機能の異常が認めれていて、時間当たりの発汗量が少ないという報告も多くされています。

この理由として、アレルギーに関わる要因が影響していて、特にアレルギーに関わる要因のなかでも、ヒスタミンという物質がが多く分泌されることで発汗が少なくなると報告されています。このことの解明は、アトピー性皮膚炎の治療において発汗障害の改善もひとつの治療目標として捉えられていた背景の根拠として、多く知られるようになってきています。簡単な仕組みを説明しますと、アトピー性皮膚炎では、汗をかくはずの場面(例えば、緊張する場面、運動、ストレス、体温の上昇など)で十分に汗をかけず、皮膚内に熱がこもったり、皮膚が乾燥することで、皮膚に現れる症状が悪化するというわけです。

このように、実は汗をかくことが悪いというよりも、適切に汗をかくことはアトピー性皮膚炎では必要なのかもしれません。

 

◆汗をかいたらどう対処する?

それでは最後に、アトピー性皮膚炎で汗をかいた場合、どのような対処法により、症状の悪化を減らすことができるのか解説します。

日本皮膚科学会が出しているアトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016では、以下の記載があります。

発汗の多い季節の症状緩和に(水道水による)シャワー浴が有効なことから(CQ10:推奨度 1、エビデンスレベル:B)、かいた後の汗はそのまま放置せず、洗い流す等の対策を行う事が推奨される。

汗をかいた場合は、シャワーや水を含んだタオルなどで洗い流すといった対処法が良さそうです。また、着る洋服に関しても少し工夫するだけでも違うかもしれません。例えば、汗をよく吸収してくれるものや速乾性の良いもの、ゴム性ではないものといった衣類にすることです。

 

今回は、アトピー性皮膚炎と汗の関係について解説してきました。繰り返しますが、ポイントは「汗をかくことが悪いのではなく、汗をかいた後にそのまま放置しておくことが悪い」ということです。もちろん重症度にもよりますので、自分がどのような状態であるか医師に相談することも大事です。

 

執筆者

Shuhei Fujimoto

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事