2015.12.30 | ニュース

高齢女性で再入院しやすい人はどんな人か?

45,424人を分析
from Physical therapy
高齢女性で再入院しやすい人はどんな人か? の写真
(C) Photographee.eu - Fotolia.com

様々な病気によって入院し、治療後退院しても一定の割合で再入院することになる人がいます。今回の研究では、虚弱(debility)な高齢者で再入院する人の特徴を検証しました。

◆どんな人が再入院しやすいのか?

今回の研究では、入院経験のある虚弱高齢者45,424人を対象に、その後再入院した人の特徴を検証しました。

 

◆退院時に日常生活の動作能力が高い人ほど再入院率が低い

以下の結果が得られました。

退院時FIMの運動項目がより高いことと、60日までの再入院のハザード比が低いことと関連していた(30日でのハザード比0.987、95%信頼区間0.986-0.989)。

退院時の日常生活の動作能力が高い人ほど、再入院率が低いという結果でした。また、再入院の理由として、心不全腎不全、慢性肺疾患が挙げられました。

 

再入院を重ねることで、活動量が低くくなり、さらに身体面や精神面の機能が悪くなる可能性があります。今回の研究結果は、退院してから気を付けることの参考になるかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Hospital Readmission Following Discharge From Inpatient Rehabilitation for Older Adults With Debility.

Phys Ther. 2015 Dec 4

[PMID: 26637650]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事