2015.06.23 | ニュース

6か月母乳を飲んだ子どもには白血病が少ない

18件の研究のメタアナリシス
from JAMA pediatrics
6か月母乳を飲んだ子どもには白血病が少ないの写真
(C) Аrtranq - Fotolia.com

母乳と牛乳にはそれぞれ良い点があり、赤ちゃんにはどちらを飲ませてもよいと考えられています。ただし長期的に成長や病気の起こりやすさと関係するかどうかについては、わかっていない部分も多く残されています。イスラエルの研究班がこれまでの研究のデータを統合して解析したところ、6か月以上母乳で育てられた子どもには、小児期の白血病が少ない傾向が見つかりました。

◆18件の研究を統合

研究班は、論文データベースを検索して、1960年から2014年の間に刊行された論文から、母乳を飲ませることと白血病の関係を調べた18件を集め、対象者のデータを統合して統計解析しました。

 

◆6か月の母乳でオッズ比0.81

解析から次の結果が得られました。

18件の研究すべてのメタアナリシスから、まったく母乳栄養をしないか6か月よりも母乳栄養の期間が短い場合に比べて、6か月以上の母乳栄養は小児期の白血病のリスクの19%減少と関連していた(オッズ比0.81、95%信頼区間0.73-0.89)。

6か月以上母乳で育てられた子どもは、小児期の白血病が少なくなっていました

 

母乳には良い点がたくさんありますが、その反面、ビタミンKが少ないため母乳だけを飲ませてビタミンKを補わないと出血しやすくなるといった点にも注意が必要です。それぞれの家庭に合ったスタイルで子育てをする中で、うまく母乳の効果を引き出せるといいですね。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Breastfeeding and Childhood Leukemia Incidence: A Meta-analysis and Systematic Review.

JAMA Pediatr. 2015 Jun 1

 

[PMID: 26030516]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事