2015.05.01 | ニュース

尿に細菌がいても症状がなければ「経過観察でOK」

過去の研究データからイスラエルのチームが分析
from The Cochrane database of systematic reviews
尿に細菌がいても症状がなければ「経過観察でOK」の写真
(C) angellodeco - Fotolia.com

何も自覚症状がなく尿から細菌が見つかること(細菌尿)があり、特に高齢女性や糖尿病の人によく見られます。このような場合に治療は必要なのでしょうか? この疑問に対して、イスラエルの研究班が、過去の研究を比較検証し、「治療の必要はない」という結論を出しました。

◆9件の研究から1,614人分の情報を収集

研究班は、過去の先行研究を論文データベースから検索し、症状のない細菌尿が見つかった成人に対して抗菌薬の効果を調べたランダム化研究など9件を集め、その中で対象となった計1,614人の情報をまとめて統計分析を行いました。
 

◆重症化に差がない

抗菌薬を処方されたグループと、経過観察または偽薬を与えられるグループを比較したところ、症状のある尿路感染症や、その他の合併症、死亡の数には統計的に有意な差がありませんでした。

抗菌薬を処方されたグループでは、細菌尿がなくなる割合は多くなっていましたが、薬剤の副作用も多くなっていました。いずれの場合も腎機能低下は報告されませんでした。抗菌薬を使うグループでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる現象(耐性化)が報告されていました。

研究班は、「症状のない細菌尿を治療することによる利点はこれらの研究からは見いだせない」と結んでいます。

 

実際に高齢者の尿路感染症を治療されている医師の方から見て、症状のない細菌尿は経過観察になるものなのでしょうか?

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Antibiotics for asymptomatic bacteriuria.

Cochrane Database Syst Rev. 2015 Apr 8

[PMID: 25851268]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事