トラフルダイレクトa - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
トラフルダイレクトa

トラフルダイレクトaの基本情報

トラフルダイレクトaの概要

商品名 トラフルダイレクトa
薬のタイプ 外用 / 指定第2類
製造会社 救急薬品工業
販売会社名 第一三共ヘルスケア

トラフルダイレクトaの特徴

こんな口内トラブル、ありませんか?
・しみて美味しく食事がとれない
・痛くてしゃべるのがつらい
・気になって仕事に集中できない

●すぐれた効き目の抗炎症成分トリアムシノロンアセトニド(ステロイド成分)を配合。
●患部に直接作用して炎症や痛み、はれをしずめ、つらい口内炎を治します。
●はがさず溶けてなくなる薄型フィルムタイプのお薬です。

トラフルダイレクトaの効果・効能

口内炎アフタ性口内炎)。

トラフルダイレクトaの構成成分

1枚中 トリアムシノロンアセトニド0.025mg

トラフルダイレクトaの用法・用量

成人(15歳以上)・小児(5歳以上):1患部に、1回1枚、1日1~2回使用。
白色面を患部粘膜に付着させて用います。
5歳未満:使用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.本剤は時間がたつと自然に溶けてなくなりますので、無理にはがさないでください。
3.痛みが治まったら使用を終了してください。(使用中のものをはがし取る必要はありません)
4.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
5.5歳未満の乳幼児には使用させないでください。
6.小児への使用においては、貼付後、指ではがし取るおそれがありますので注意してください。
7.本剤は口腔内貼付剤ですので内服しないでください。内服しても効果はありません。
8.誤って飲み込んでしまった場合、新しい薬を患部に貼り直してください。万一、症状が変わったり、不安に思うことがありましたら医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
9.本剤は、使用方法を間違えると付着しないことがありますので、使用方法をよく読んで正しく使用してください。使用部位によっては貼りにくい部分がありますので、うまく貼れない場合は医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
10.使用を忘れた場合は、気づいたとき、できるだけ早く貼ってください。
11.患部粘膜が唾液などで著しくぬれている場合は、本剤の付着が悪くなりますので、あらかじめ口内炎ができている部分にティッシュペーパーやガーゼなどを軽くあてて、唾液を拭き取った後に貼ってください。
12.本剤を患部粘膜に付着させた後、舌などで強くさわると、はがれることがありますので、注意してください。また、溶けてなくなる前にはがれた場合には、飲み込まずに捨ててください。
13.薬剤の取り出し方
薬剤の入っているアルミシートを開け口からゆっくりはがし、取り出して使用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

トラフルダイレクトaの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)高齢者
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)患部が広範囲(患部を本剤でおおいきれない)にある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
関係部位・・・症状
口腔内・・・白斑(カンジダ感染症が疑われる)、患部に黄色いがある(細菌感染症が疑われる)
その他・・・アレルギー症状(気管支喘息発作浮腫等)
3.使用後、次の症状があらわれた場合には、感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われますので、使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
発熱、食欲不振、全身倦怠感リンパ節腫脹水疱(口腔内以外)、発疹発赤、かゆみ、口腔内の患部が本剤でおおいきれないくらい広範囲に広がる、目の痛み、かすみ目、外陰部潰瘍

トラフルダイレクトaの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。