抗がん性抗生物質(アントラサイクリン系)を使用する主な病気(悪性リンパ腫、乳がん)など | MEDLEY(メドレー)
抗がん性抗生物質(アントラサイクリン系)
細胞の増殖に必要なDNAやRNAの合成を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす薬

抗がん性抗生物質(アントラサイクリン系)を使う主な病気

  • 悪性リンパ腫

    リンパ球から出来た悪性腫瘍(がん)のことで、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大別される
    全身・その他
    血液・血管
    リンパ球・リンパ節
    血液内科
  • 乳がん

    乳腺に発生する悪性腫瘍。女性に多いが、男性に発症することもある
    胸(肺・心臓・その他)
    腫瘍内科
    乳腺外科
    産婦人科
    緩和ケア科
    麻酔科
  • 卵巣腫瘍

    卵巣にできた腫瘍の総称。多くは良性腫瘍であることが多いが、悪性腫瘍であることもあるので検査やフォローアップが重要
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    陰部・肛門
    腫瘍内科
    産婦人科
    緩和ケア科
  • 多発性骨髄腫

    血液がんの一種。免疫細胞の一種が異常ながん細胞となり、骨髄の中で増殖する状態。骨や免疫が弱くなったりする。
    骨・関節
    血液・血管
    血液内科
  • 卵巣がん

    卵巣にできた悪性腫瘍のこと。大きく3種類に分けられるが、上皮性卵巣がんというタイプが多い
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腫瘍内科
    産婦人科
    緩和ケア科
  • 非ホジキンリンパ腫

    リンパ球からできたがん(悪性リンパ腫)の一種。悪性リンパ腫の90%以上を占める
    リンパ球・リンパ節
    血液内科