抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)
インフルエンザウイルスの増殖を抑え、インフルエンザ感染症の治療や予防に用いられる薬

抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)の解説

抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)の効果と作用機序

  • インフルエンザウイルスの増殖を抑えることで、インフルエンザ感染症の治療や予防に使われる薬
    • インフルエンザ感染症はインフルエンザウイルスが原因となり高熱や関節痛などを引き起こす
    • インフルエンザウイルスは細胞内へ侵入後、新たなウイルスが作られ細胞外へ放出される過程を繰り返すことで増殖する
    • 本剤はインフルエンザウイルスに感染した細胞からのウイルス放出を阻害しウイルスの増殖(体内での拡散)を抑える作用をあらわす
  • 薬剤によって内服薬、吸入薬(外用薬)、注射薬と分かれる
    • それぞれの薬剤に合わせた適切な使用方法などの理解が必要となる

抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)の薬理作用

インフルエンザ感染症はインフルエンザウイルスが原因となり、高熱、関節や筋肉の痛みなどが引き起こされる感染症。

インフルエンザウイルスは細胞内に侵入した後、自らが保有するRNAという遺伝情報を細胞内へ放出し新たなウイルスを作り出すために必要な遺伝子やタンパク質を合成しその後、新たなウイルスが作られ細胞の外へ放出される。これを繰り返すことでインフルエンザウイルスの増殖・拡散が行われる。新たに作られたインフルエンザウイルスが細胞表面から放出される際にノイラミニダーゼという酵素が必要となる。

本剤はノイラミニダーゼ阻害作用によりウイルスを細胞表面に留まらせ、細胞からのインフルエンザウイルスの遊離を抑えることで、ウイルスの増殖(体内での拡散)を抑える作用をあらわす。

また本剤は、薬剤によって内服薬、吸入薬(外用薬)、注射薬と分かれるため、それぞれの薬剤に合わせた適切な使用方法などの理解が必要となる。

抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状(薬剤によってあらわれる症状が異なる場合がある)
    • めまい、頭痛、不眠などがあらわれる場合もある
  • 薬剤投与後の異常行動に関して
    • 因果関係ははっきりと解明されていないが十分に注意する
    • 特に未成年に関しては薬剤の投与後に一人にしないなどの配慮が必要
  • インフルエンザ感染時の解熱薬の使用に関する注意
    • インフルエンザ脳炎・脳症などを引き起こす危険性からアスピリン(アセチルサリチル酸)、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸などの一部のNSAIDsは禁忌となっている
    • 解熱にはアセトアミノフェン(主な商品名:カロナール、コカール、アンヒバ、アルピニー)が推奨されている

抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)の一般的な商品とその特徴

タミフル

  • カプセル剤とドライシロップ剤があり、嚥下能力などに合わせて選択が可能
  • 投与開始に関する注意
    • 治療に用いる場合は発症後、48時間以内に投与を開始する
    • 予防に用いる場合はインフルエンザ感染患者に接触後、48時間以内に投与を開始する

リレンザ

  • 専用の器具を使用して吸入するドライパウダー剤(外用薬
  • 投与開始に関する注意
    • 治療に用いる場合は発症後、48時間以内に投与を開始する
    • 予防に用いる場合はインフルエンザ感染患者に接触後、36時間以内に投与を開始する

イナビル

  • 粉末を吸入する外用薬
  • 投与開始に関する注意
    • 治療に用いる場合は発症後、48時間以内に投与を開始する
    • 予防に用いる場合はインフルエンザ感染患者に接触後、48時間以内に投与を開始する

ラピアクタ

  • 病院やクリニックなど医療機関で注射する製剤
  • 腎機能の低下している患者への投与は特に注意が必要となる