セロトニン作動性抗不安薬(タンドスピロン)を使用する主な病気(自律神経失調症、心身症)など | MEDLEY(メドレー)
セロトニン作動性抗不安薬(タンドスピロン)
脳内で感情などに関わるセロトニンに関わり、抗不安作用などによって心身症などの不安、抑うつ、睡眠障害などを和らげる薬

セロトニン作動性抗不安薬(タンドスピロン)を使う主な病気

  • 自律神経失調症

    自律神経のバランスが崩れた際に起こる症状の総称。めまいや耳鳴り、頭痛など様々な症状が出現する
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 心身症

    腫瘍や感染などの明らかな原因がなく、心理社会的な要素が原因でありながらも、頭痛や便秘などの身体的な症状を呈する疾患
    こころ
    精神科・心療内科